本ページはプロモーションが含まれております。

【プリンスリーグ関東】降格 昇格 歴代順位結果 更新中!

スポンサーリンク
プリンスリーグ
スポンサーリンク

プリンスリーグ関東」は、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県の関東地方1都7県の2種(高校生・ユース)が対象のU18サッカーリーグであり、開催期間は4月初旬~12月初旬。

・かつて開催されていた「関東スーパーリーグ」を発展させる形で2003年から始まったリーグ戦。
・「JFAプリンスリーグU-18関東」「高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ関東」を経て、2018年より「高円宮杯 JFA U-18 サッカー プリンスリーグ関東」に大会名称を変更。
・当初より2部制での開催だったが、2014年より1部制に移行。

プリンスリーグ関東の歴代結果を掲載・更新しております。

このページでわかること

プリンスリーグ関東の歴代過去順位と要項
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年

スポンサーリンク
プロフィール
老眼ライダー

小中高のお子さんを応援するお父さんお母さんに役立つ情報を発信しています。
2002年からコストコに通い続けていますが、コストコ通にはなれません…

iPhoneは毎年お正月のApple初売りで買い替えているので、Appleから楽天ポイントのお年玉を貰っています!

=主な記事内容=
・自転車メンテナンス
  →初心者向け
・U12~U18サッカー
  →各種大会結果一覧
・全国各地のお土産
  →カロリー紹介
・ファミマフラッペ
  →歴代カロリー紹介
・コストコ商品
  →カロリー紹介
・iPhoneお役立ち情報
・生活に役立つ情報

老眼ライダーをフォローする
\格安航空券を一括で比較!/

浮いた旅費で贅沢グルメ!

リアルチケットの格安航空券

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\いつものお買い物でポイ活!/
楽天市場やクレカ作成時はハピタスを経由するだけでポイントゲット!
PayPayにも交換できる!
ハピタスでポイ活ハピタス使い道ハピタス登録

高円宮杯 JFA U-18 サッカー プリンスリーグ関東 歴代順位

昇格

上位チームが「プレミアリーグ」への参入戦出場資格を獲得。
プレーオフを勝ち抜いた場合、次年度「プレミアリーグ」の出場資格を得る。

降格

「プレミアリーグ」・「プリンスリーグ」の最終順位に応じて、下位チームは次年度都県リーグへ降格する。

大学生向けノートパソコン3選と必要スペック解説

高円宮杯 JFA U-18サッカー
プリンスリーグ 2023 関東

名称

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2023

主催

地域サッカー協会

主管

開催都道府県サッカー協会

後援

公益財団法人日本サッカー協会

開催情報

地域名開催期間出場チーム数総試合数
北海道4月~9月856
東北4月~10月1090
関東4月~12月(1部)10
(2部)10
(1部)90
(2部)90
北信越4月~11月(1部)10
(2部)8
(1部)90
(2部)56
東海4月~12月1090
関西4月~12月(1部)10
(2部)10
(1部)90
(2部)90
中国4月~11月1090
四国4月~12月1090
九州4月~12月(1部)10
(2部)7
(1部)90
(2部)42

試合球

アディダスFIFA2023オーシャンズコンペティション (AF571CO)

大会方式

全国9地域でのリーグ戦を実施(ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たり)

1部結果

順位プリンス関東1部試合数勝点得点失点得失差2024年度
1鹿島アントラーズユース(茨城県)184113235822+36プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
2浦和レッズユース(埼玉県)183811523719+18プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
3東京ヴェルディユース(東京都)183410444228+14プリンスリーグ関東1部残留
4帝京高校(東京都)18267563027+3プリンスリーグ関東1部残留
5高崎健康福祉大学高崎高校(群馬県)18226482226-4プリンスリーグ関東1部残留
6桐生第一高校(群馬県)18226483148-17プリンスリーグ関東1部残留
7矢板中央高校(栃木県)18184682334-11プリンスリーグ関東1部残留
8鹿島学園高校(茨城県)18163783038-8プリンスリーグ関東1部残留
9ヴァンフォーレ甲府U-18(山梨県)181644102841-13プリンスリーグ関東2部降格
10三菱養和サッカークラブユース(東京都)181543112341-18プリンスリーグ関東2部降格

2部結果

順位プリンス関東2部試合数勝点得点失点得失差2024年度
1栃木SC U-18(栃木県)184012423918+21プリンスリーグ関東1部昇格
2桐蔭学園高校(神奈川県)183610623617+19プリンスリーグ関東1部昇格
3桐光学園高校(神奈川県)183510534319+24プリンスリーグ2部残留
4西武台高校(埼玉県)18309363537-2プリンスリーグ2部残留
5山梨学院高校(山梨県)18278373433+1プリンスリーグ2部残留
6國學院大學久我山高校(東京都)18236573739-2プリンスリーグ2部残留
7前橋育英高校B(群馬県)181644102138-17プリンスリーグ2部残留
8流通経済大学付属柏高校B(千葉県)181550132838-10プリンスリーグ2部残留
9水戸ホーリーホックユース(茨城県)18153692235-13茨城県リーグ降格
10矢板中央高校B(栃木県)181226101940-21栃木県リーグ降格

参入戦

2部リーグ参入戦

最終結果
代表①帝京第三高校(山梨)
代表②ジェフユナイテッド市原・千葉U-18(千葉)

山梨県代表
⇒帝京第三高校

栃木県代表
⇒佐野日本大学高校

群馬県代表
⇒前橋商業高校

神奈川県代表
⇒日本大学藤沢高校A

東京都代表
⇒成立学園高校

茨城県代表
⇒明秀学園日立高校A

埼玉県代表
⇒正智深谷高校

千葉県代表
⇒ジェフユナイテッド市原・千葉 U-18

U18プレミアリーグイースト歴代結果

U18プレミアリーグウエスト歴代結果

スポンサーリンク

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2023 関東
2部リーグ参入戦 大会要項

主催 一般社団法人 関東サッカー協会
主管 公益財団法人 茨城県サッカー協会 / プリンスリーグ関東 運営委員会
大会日程 ①12月16日(土) ②12月18日(月) ③12月20日(水)
大会会場 茨城県鹿嶋市 『卜伝の郷運動公園』 人工芝グラウンド

参加資格
① (公財)日本サッカー協会へ第2種加盟あるいは準加盟されたチームであること
② 当該チーム所属の選手であり、年齢制限は高体連・クラブ連盟の規定に準ずる
③ (公財)日本サッカー協会のKICKOFFサイトより出力した写真付き選手証を当日提示すること
写真付き選手証を提示できない場合は出場できない
④ クラブ申請承認済のチームは、同一「クラブ」内の第3種年代の選手も出場可能とする
⑤ <チームが出場辞退となった場合の対応>
【12月11日 15:00までに辞退が決定した場合】
出場枠の次点チームのみ(リーグ成績上位)が出場権利を有し、12日15:00までに参加の判断をする。ただし、次点チームが辞退した場合は出場権利を失う
【12月12日 15:00以降に辞退が決定した場合】
辞退のまま試合不成立とし、辞退したチームと対戦予定のチームが次回戦へ進出とする。
※『辞退』の場合、戦わずして昇格が決まる可能性が少なからずある。

選手登録
① 登録人数は30名を限度として指定された日までに事務局へ提出
試合出場は30名の中から当日登録した20名とする
② 外国籍選手については5名まで登録でき、3名まで出場可能とする
但し、この規定は準加盟チームには適用されない
③ Bチームで参加する場合は、プレミア・プリンスリーグ第4クールにおいて、
Aチームでブロックされている選手14名については、選手登録できない
競技方法 ① 試合は、すべて「JFA競技規則」最新版に従って実施される
② 競技時間は90分とし、決しない場合は延長戦20分を行う
なお、延長前後半で勝敗が決しない場合はペナルティキック方式にて勝者を決定する
③ 後半のキックオフ時刻は、前半終了より 15分後とする
④ 交代人数は、試合前に提出された交代要員9名の中から、5名まで認める
⑤ 後半の選手交代回数は3回までとする(1回に複数人を交代することは可能)
⑥ ハーフタイム、延長戦に入る前のインターバルでの選手交代は、後半の交代回数に含まれない
⑦ 延長戦に入った際、後半に3回選手交代を行った場合でも、選手交代を行うことができる
※ただし、交代枠が残されている場合に限る
⑧ 試合は大会試合球の5球によるマルチボール方式で行う

その他
① ユニフォームは高体連・クラブ連盟の規定に従う
② 試合開始70分前にマッチ・コーディネーション・ミーティングを行う
メンバー表の提出(4部)、選手証の確認、ユニフォームチェック等確認する
③ 試合球は主催者側が用意する 
【モルテン社製 ●アディダスFIFA2023オーシャンズコンペティション (AF571CO)】
④ 試合ベンチにはメンバー提出用紙に記載された交代選手9名とスタッフ5名が着席できる
⑤ 退場者は自動的にチーム直近の公式戦1試合を出場停止とし、以後の処置については
規律委員会の決定に従う
⑥ 大会期間中の累積は2回とし、2回受けた者は次の試合に出場できない
⑦ 参加各チームは、補助役員4名(ボールパーソン・担架要員)を準備する
⑧ 第1試合の両チームは試合開始90分前に会場責任者の指示により会場準備をし、
第2試合の両チームは試合終了後すみやかに会場撤収を行う
⑨ チームベンチはトーナメント左側チームが左ベンチを利用する
⑩ 参加費  50,000円

引用元:高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ 関東
スポンサーリンク

高円宮杯 JFA U-18サッカー
プリンスリーグ 2022 関東

出典元:公益財団法人日本サッカー協会

1部結果

順位プリンス関東1部試合数勝点得点失点得失差2023年度
1昌平高校(埼玉県)184112513918+21プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
2帝京高校(東京都)183812244226+16プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
3東京ヴェルディユース(東京都)183310353524+11プリンスリーグ関東1部残留
4鹿島アントラーズユース(茨城県)18267563830+8プリンスリーグ関東1部残留
5三菱養和サッカークラブユース(東京都)18257471722-5プリンスリーグ関東1部残留
6浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉県)18237292627-1プリンスリーグ関東1部残留
7矢板中央高校(栃木県)18216392832-4プリンスリーグ関東1部残留
8鹿島学園高校(茨城県)181752112140-19プリンスリーグ関東1部残留
9流通経済大学付属柏高校 B(千葉県)181543111431-17プリンスリーグ関東2部降格
10西武台高校(埼玉県)181435101929-10プリンスリーグ関東2部降格

2部結果

順位プリンス関東2部試合数勝点得点失点得失差2023年度
1ヴァンフォーレ甲府U-18(山梨県)15319424116+25プリンスリーグ関東1部昇格
2高崎健康福祉大学高崎高校(群馬県)15278342220+2プリンスリーグ関東1部昇格
3山梨学院高校(山梨県)15195462827+1プリンスリーグ2部残留
4桐蔭学園高校(神奈川県)15163751415-1プリンスリーグ2部残留
5矢板中央高校B(栃木県)15164471832-14プリンスリーグ2部残留
6関東第一高校(東京都)1513348922-13東京都リーグ降格

高円宮杯 JFA U-18サッカー
プリンスリーグ 2021 関東

出典元: 高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ 関東

2021年度プリンスリーグ関東大会要綱一部抜粋

第56条 <プレミアリーグ参入戦への出場>
本リーグ上位3チームは、上部リーグであるプレミアリーグへの参入戦参加資格を獲得し、参入戦で勝利した場合、次年度プレミアリーグの参加資格を得る。なお、チーム事情により参入戦の出場資格を辞退した場合、次点チームが参加資格を得る。
第57条 <降格>
①リーグ最終順位に応じて下位チームは次年度から2部リーグへ降格する。降格チーム数は、プレミアリーグとの昇降格数により変動する。
②プレミアプレーオフの結果に係わらずリーグ最下位チームは降格とする。

引用元:高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ 関東

大会期間

4月3日~12月5日

大会方式

ホーム&アウェイ方式による2回戦総当たり

※前期9節までと後期14節~18節の結果により順位を決定。
(10節~13節については延期とはせず中止)

参加チーム数

10チーム

全日程終了

順位チーム試合数勝点得点失点得失差2022年度
1川崎フロンターレU-18(神奈川県)143712113211+21プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
2前橋育英高校(群馬県)14268243716+21プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
3桐生第一高校(群馬県)14237252017+3プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
4鹿島アントラーズユース(茨城県)14216352622+4プリンスリーグ残留
5昌平高校(埼玉県)14216352221+1プリンスリーグ残留
6三菱養和SCユース(東京都)14195452119+2プリンスリーグ残留
7矢板中央高校(栃木県)14185362430-6プリンスリーグ残留
8東京ヴェルディユース(東京都)14186082533-8プリンスリーグ残留
9帝京高校(東京都)141240101624-8プリンスリーグ残留
10山梨学院高校(山梨県)1451211939-30プリンスリーグ関東2部降格

未確定な部分もあるが2021年12月12日時点でわかっていること

2022年度はプリンスリーグ関東1部・2部制になることが濃厚。

2021年度プレミアリーグEASTで10位となった浦和レッドダイヤモンズユースは、2022年度プリンスリーグ関東1部に降格となった。

プレミアリーグプレーオフに出場した3チーム共に2022年度プレミアリーグに昇格。
・川崎フロンターレU-18(関東1/神奈川)
・前橋育英高校(関東2/群馬)
・桐生第一高校(関東3/群馬)

2021年度プリンスリーグ関東10位の山梨学院高校は、2022年度プリンスリーグ関東2部に降格となった。

各都県リーグ1位チームでプリンスリーグ参入戦を行い、勝ち抜いた3チームがプリンスリーグ関東1部に昇格、敗退したチームはプリンスリーグ関東2部に昇格となる。
出典元:高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2021千葉 大会要項

栃木県代表の矢板中央Bは、トップチームがプリンスリーグ関東1部に所属しているため、参入戦から外れ2部となる。

プリンスリーグ関東公式サイト等でご確認ください。

出典元:プリンスリーグ関東

2022年度プリンスリーグ関東1部昇格

①西武台(埼玉県)
②流通経済大柏(千葉県)
③鹿島学園(茨城県)

2022年度プリンスリーグ2部

・山梨学院
・矢板中央B
・桐蔭学園
・高崎健康福祉大学高崎
・ヴァンフォーレ甲府U18
・関東第一

高円宮杯 JFA U-18サッカー
プリンスリーグ 2020 関東

出典元:公益財団法人日本サッカー協会

2020年度の開催情報

※新型コロナウイルスの感染状況により日程が変更となる可能性があります。
※各リーグ順位は翌年リーグの出場資格等には影響しません。(昇格・降格なし)

大会期間

9月5日~12月

大会形式

1回戦総当たり

参加チーム数

10チーム

✅鹿島アントラーズユース
✅三菱養和SCユース
✅前橋育英高校
✅川崎フロンターレU-18
✅東京ヴェルディユース
✅帝京高校
✅桐生第一高校
✅矢板中央高校
✅山梨学院高校
✅昌平高校

順位チーム勝点得点失点得失差2021年度
1東京ヴェルディユース(東京都)23720167+9プリンスリーグ残留
2前橋育英高校(群馬県)196122311+12プリンスリーグ残留
3昌平高校(埼玉県)155041115-4プリンスリーグ残留
4川崎フロンターレU-18(神奈川県)13342139+4プリンスリーグ残留
5矢板中央高校(栃木県)134141816+2プリンスリーグ残留
6桐生第一高校(群馬県)134141012-2プリンスリーグ残留
7鹿島アントラーズユース(茨城県)133421215-3プリンスリーグ残留
8山梨学院高校(山梨県)92341215-3プリンスリーグ残留
9三菱養和サッカークラブユース(東京都)4117612-6プリンスリーグ残留
10帝京高校(東京都)4117918-9プリンスリーグ残留

プリンスリーグ関東 2019年度順位表

プレミアリーグ昇格をかけたプレーオフに出場した、「FC東京U-18」、「横浜F・マリノスユース」、「横浜FCユース」の3チームがプレミアリーグに昇格した為、プリンスリーグ関東から都県リーグ降格チームは無くなった。

プリンスリーグ関東参入戦を勝ち抜いた「山梨学院高校(山梨県)」と「昌平高校(埼玉県)」が、2020年度のプリンスリーグ関東参入を決めた。

順位チーム勝点得点失点得失差2020年度
1FC東京U-18(東京都)4012423412+22プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
2横浜F・マリノスユース(神奈川県)3812245727+30プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
3横浜FCユース(神奈川県)298553630+6プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
4三菱養和SCユース(東京都)247382829-1プリンスリーグ残留
5前橋育英高校(群馬県)247383235-3プリンスリーグ残留
6川崎フロンターレU-18(神奈川県)247383743-6プリンスリーグ残留
7東京ヴェルディユース(東京都)236573436-2プリンスリーグ残留
8帝京高校(東京都)215672331-8プリンスリーグ残留
9桐生第一高校(群馬県)153692640-14プリンスリーグ残留
10矢板中央高校(栃木県)1233122044-24プリンスリーグ残留

プリンスリーグ関東 2018年度順位表

プレミアリーグEAST9位の「FC東京U-18」がプリンスリーグ関東に自動降格となり、プリンスリーグ関東からは「大宮アルディージャユース」のみプレミアリーグに昇格したため、2019年度の都県リーグ降格チームは9位「桐光学園高校」と10位「山梨学院高校 」の2チームとなった。

順位チーム勝点得点失点得失差2019年度
1矢板中央高校(栃木県)4112513622+14プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
2横浜F・マリノスユース(神奈川県)299273530+5プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
3大宮アルディージャユース(埼玉県)288464024+16プレミアリーグプレーオフ→プレミアリーグ昇格
4前橋育英高校(群馬県)288464234+8プリンスリーグ残留
5東京ヴェルディユース(東京都)236574236+6プリンスリーグ残留
6川崎フロンターレU-18(神奈川県)226483332+1プリンスリーグ残留
7桐生第一高校(群馬県)226482838-10プリンスリーグ残留
8三菱養和SCユース(東京都)194772631-5プリンスリーグ残留
9桐光学園高校(神奈川県)195491835-17神奈川県リーグ降格
10山梨学院高校(山梨県)1853102745-18山梨県リーグ降格

プリンスリーグ関東 2017年度順位表

大会方式
1リーグ10チームによる2回戦総当たりのリーグ戦方式。
試合時間は90分間とし、勝敗が決定しない場合には引き分けとする。
出場権
上位3チームはプレミアリーグ参入戦に出場する事が出来る。
降格
下位のチームは都道府県リーグに降格する。
次年度の本リーグには、プリンスリーグ関東参入決定戦で勝ち上がった2チームが昇格する。

プレミアリーグから「横浜F・マリノスユース」と「大宮アルディージャユース」の2チームが降格。
プレミアリーグへの昇格は「流通経済大柏高校」1チーム。
その為、プリンスリーグ関東からは、8位以下「ジェフユナイテッド市原・千葉U-18」、「横浜FCユース」、「鹿島学園高校」の3チームが降格することとなった。

順位チーム勝点得点失点得失点2018年度
1前橋育英高校(群馬)3310353320+13プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2流通経済大学付属柏高校(千葉)329543622+14プレミアリーグ参入戦→プレミアリーグ昇格
3三菱養和SCユース(東京)309363123+8プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
4川崎フロンターレU-18(神奈川)309362822+6プリンスリーグ残留
5山梨学院高校(山梨)278373032-2プリンスリーグ残留
6東京ヴェルディユース(東京)2574724240プリンスリーグ残留
7桐光学園高校(神奈川)236572629-3プリンスリーグ残留
8ジェフユナイテッド市原・千葉U-18(千葉)236572328-5千葉県リーグ降格
9横浜FCユース(神奈川)1961113141-10神奈川県リーグ降格
10鹿島学園高校(茨城)1132132344-21茨城県リーグ降格

プリンスリーグ関東 2016年度順位表

大会方式
1リーグ10チームによる2回戦総当たりのリーグ戦方式。
試合時間は90分間とし、勝敗が決定しない場合には引き分けとする。
出場権
上位3チームはプレミアリーグ参入戦に出場する事が出来る。
降格
下位のチームは都道府県リーグに降格する。
次年度の本リーグには、プリンスリーグ関東参入決定戦で勝ち上がった2チームが昇格する

プレミアリーグ9位の「流通経済大学付属柏高校」がプリンスリーグ関東に自動降格。プリンスリーグ関東の「浦和レッズユース」がプレミアリーグ参入が決まった事により、9位「帝京第三高校」、10位「ヴァンフォーレ甲府U-18 」が県リーグ降格となった。

順位チーム勝点得点失点得失差2017年度
1浦和レッズユース3911613416+18プレミア参入戦出場→プレミアリーグ昇格
2桐光学園高校319453327+6プレミア参入戦出場→プリンスリーグ残留
3東京ヴェルディユース308643322+11プレミア参入戦出場→プリンスリーグ残留
4川崎フロンターレU-18298552523+2プリンスリーグ残留
5三菱養和SCユース268283127+4プリンスリーグ残留
6横浜FCユース2574725250プリンスリーグ残留
7山梨学院高校247383034-4プリンスリーグ残留
8前橋育英高校237293028+2プリンスリーグ残留
9帝京第三高校1644101326-13山梨県リーグ降格
10ヴァンフォーレ甲府U-1871413935-26山梨県リーグ降格

プリンスリーグ関東 2015年度順位表

大会方式
2回総当たりの全18節で試合時間は90分。
出場権
上位3チームがプレミアリーグ参入戦に出場する事が出来る。
降格
下位のチームは都県リーグに降格する。
降格するチーム数はプレミアリーグの昇降格により決定する。

プレミアリーグから降格する関東地区のチームがなく、「横浜F・マリノスユース」がプレミアリーグに昇格するため、プリンスリーグ関東から降格するチーム数は1となり、10位の「昌平高校」が県リーグに降格した。

順位チーム勝点得点失点得失差2016年度
1横浜F·マリノスユース3410444522+23プレミア参入戦出場→プレミアリーグ昇格
2前橋育英高校3310353729+8プレミア参入戦出場→プリンスリーグ残留
3東京ヴェルディユース3311073431+3プレミア参入戦出場→プリンスリーグ残留
4川崎フ口ンターレU-183210264334+9プリンスリーグ残留
5桐光学園高校308642926+3プリンスリーグ残留
6山梨学院大学附属高校257472831-3プリンスリーグ残留
7浦和レッズユース237293130+1プリンスリーグ残留
8三菱養和SCユース216391928-9プリンスリーグ残留
9ヴァンフォーレ甲府U-18174592431-7プリンスリーグ残留
10昌平高校721151846-28埼玉県リーグ降格

プリンスリーグ関東 2014年度順位表

2013年までのプリンスリーグ関東は、関東1部・関東2部の2リーグ開催であったが、2014年よりプリンスリーグ関東は1部制で開催される事となった。

順位チーム試合勝点得点失点得失差2015年度
1大宮アルディージャユース18341044271413プレミアリーグ参入戦→プレミアリーグ昇格
2FC東京U-18183194538353プレミアリーグ参入戦→プレミアリーグ昇格
3前橋育英高校182884630282プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
4桐光学園高校18267562024-4プリンスリーグ残留
5川崎フロンターレU-181825747342410プリンスリーグ残留
6横浜F・マリノスユース182473834277プリンスリーグ残留
7山梨学院大学附属高校18247382731-4プリンスリーグ残留
8浦和レッズユース18246662529-4プリンスリーグ残留
9國學院大學久我山高校181853102231-9東京都リーグ降格
10湘南工科大学附属高校181644102337-14神奈川県リーグ降格

出典元:公益財団法人日本サッカー協会

開催要項

2019年度の開催要項一部抜粋しています。

大会名称

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 20〇〇 関東

期間

20〇〇年4月~12月

大会・試合方式

1.1リーグ・10チームによる2回戦総当り方式のリーグ戦を実施する
2.試合時間は、90分間(前後半各45分)とし勝敗が決定しない場合には引き分け
3.後半のキックオフ時刻は、前半終了から15分後

順位決定方式

各リーグ戦が終了した時点で、勝点(勝利3点、引き分け1点、敗戦0点)の合計が多いチームを上位とし順位を決定。(但し、勝点が同一の場合は、次の各項の順序にて順位を決定する)。
〈1〉 得失点差   〈2〉 総得点の多少
〈3〉 当該チーム間の対戦成績(イ.勝点 ロ.得失点差 ハ.総得点数)   〈4〉 抽選

昇格

本リーグ・上位3チームは、上部リーグである「プレミアリーグ」への参入戦出場資格を獲得し、参入戦で勝利した場合、次年度「プレミアリーグ」の出場資格を得る。

降格

各リーグ最終順位に応じ下位チームは、次年度は直近都県リーグへ降格する。

出典元:公益財団法人日本サッカー協会

プリンスリーグU18サッカー地域別歴代順位一覧へ

コメント

スポンサーリンク