【プリンスリーグ東海】U18 過去結果と大会要項

スポンサーリンク
SDGsへの取り組み
SDGs

自転車でサッカーの応援に行こう!では、SDGsを支援しています。 購入したお土産を廃棄する事なく美味しく頂き、自転車で移動する事によってCO2を削減する活動をしております。

プリンスリーグ東海プリンスリーグ
この記事は約9分で読めます。

プリンスリーグ東海」は、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県の東海地方4県の2種(高校生・ユース)が対象のU18サッカーリーグであり、開催期間は4月初旬~11月初旬。

・2012年より1部制リーグへ移行。10チームによる2回総当たりで行われる。
・「JFAプリンスリーグU-18東海」「高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ東海」を経て、2018年より「高円宮杯 JFA U-18 サッカー プリンスリーグ東海」に名称変更。
・県リーグ降格チーム数はプレミアリーグ昇降格数により、10チームとなるように調整される。
・2012年以降、県リーグからプリンスリーグ東海への昇格は2チーム。

プリンスリーグ東海の歴代結果を掲載・更新しております。

このページで分かる事

2012年度からのプリンスリーグ東海の過去順位と大会要項・プレーオフ要項

スポンサーリンク

高円宮杯 JFA U-18 サッカー プリンスリーグ東海 過去順位

2012年以降は、10チームによる2回戦総当りのリーグ戦を行う。
9・10位は県リーグに降格する。

2019年度結果と順位表

プリンスリーグ東海1位の「JFAアカデミー福島U-18」は、 プレミアリーグ昇格をかけたプレーオフに出場したが敗退。

プリンスリーグ東海参入戦を勝ち抜いた「常葉大学附属橘高校」と「四日市中央工業高校」が、2020年度のプリンスリーグ東海への参入を決めた。

順位チーム勝点得点失点得失差2020年度
1JFAアカデミー福島U-18(静岡県)4615124614+32プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
2静岡学園(静岡県)3912335124+27プリンスリーグ残留
3清水桜が丘(静岡県)3411166035+25プリンスリーグ残留
4藤枝東(静岡県)278373421+13プリンスリーグ残留
5帝京大可児(岐阜県)258193039-9プリンスリーグ残留
6浜松開誠館(静岡県)246662127-6プリンスリーグ残留
7富士市立(静岡県)216393439-5プリンスリーグ残留
8藤枝明誠(静岡県)195493433+1プリンスリーグ残留
9中京大中京(愛知県)1860122851-23愛知県リーグ降格
10中京院中京(岐阜県)512151671-55岐阜県リーグ降格

2018年度結果と順位表

プリンスリーグ東海1位の「静岡学園高校」と、2位の「JFAアカデミー福島U-18」がプレミアリーグプレーオフで敗退したため、2019年度の県リーグ降格チームは9位「FC岐阜U-18」と10位「名古屋経済大学高蔵高校」の2チームとなった。

順位チーム勝点得点失点得失差2019年度
1静岡学園高校(静岡県)4715216612+54プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
2JFAアカデミー福島U-18(静岡県)4314134713+34プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
3浜松開誠館高校(静岡県)3511254524+21プリンスリーグ残留
4清水桜が丘高校(静岡県)3110173332+1プリンスリーグ残留
5藤枝東高校(静岡県)299273023+7プリンスリーグ残留
6帝京大学可児高校(岐阜県)2271102333-10プリンスリーグ残留
7藤枝明誠高校(静岡県)195491622-6プリンスリーグ残留
8中京大学附属中京高校(愛知県)1752112044-24プリンスリーグ残留
9FC岐阜U-18(岐阜県)1240142260-38岐阜県リーグ降格
10名古屋経済大学高蔵高校(愛知県)613141453-39愛知県リーグ降格

2017年度結果と順位表

2018年度プレミアリーグへの昇格は「名古屋グランパスU-18」「ジュビロ磐田 U-18」の2チーム。
よって、9位「中京大学附属中京高校」10位「藤枝明誠高校」の2チーム共にプリンスリーグ東海残留となった。

2018年度のプリンスリーグ東海参入チームは2。

順位チーム勝点得点失点得失差2018年度
1名古屋グランパスU-18(愛知)4514317117+54プレミアリーグ参入戦→プレミアリーグ昇格
2ジュビロ磐田 U-18(静岡)4013144126+15プレミアリーグ参入戦→プレミアリーグ昇格
3静岡学園高校(静岡)3310354020+20プリンスリーグ残留
4JFAアカデミー福島U18(静岡)3010083326+7プリンスリーグ残留
5帝京大学可児高校(岐阜)267554529+16プリンスリーグ残留
6浜松開誠館高校(静岡)258192025-5プリンスリーグ残留
7藤枝東高校(静岡)216383527+8プリンスリーグ残留
8清水桜が丘高校(静岡)1752113050-20プリンスリーグ残留
9中京大学附属中京高校(愛知)1752112246-24プリンスリーグ残留
10藤枝明誠高校(静岡)31017677-71プリンスリーグ残留

2016年度結果と順位表

プレミアリーグウエスト9位の「名古屋グランパスU18」がプリンスリーグ東海に自動降格。
プリンスリーグ東海1位の「JFAアカデミー福島U18」と、2位の「浜松開誠館高校」共にプレミアリーグ参入戦で敗退。
8位「東邦高校」9位「東海学園高校」10位「四日市中央工業高校」が県リーグ降格となった。

順位チーム勝点得点失点得失差2017年度
1JFAアカデミー福島U184112514817+31プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2浜松開誠館高校3912334613+33プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3藤枝明誠高校3411164626+20プリンスリーグ残留
4清水桜が丘高校298553328+5プリンスリーグ残留
5静岡学園高校267564230+12プリンスリーグ残留
6ジュビロ磐田U-18268282521+4プリンスリーグ残留
7中京大学附属中京高校226483142-11プリンスリーグ残留
8東邦高校2062101530-15プリンスリーグ残留
9東海学園高校92313751-44愛知県リーグ降格
10四日市中央工業高校714132055-35三重県リーグ降格

2015年度結果と順位表

プレミアリーグイースト10位の「JFAアカデミー福島」がプリンスリーグ東海に自動降格。
プリンスリーグ東海1位の「静岡学園高校」と、2位の「ジュビ口磐田U-18」共にプレミアリーグ参入戦で敗退。
8位「藤枝東高校」9位「磐田東高校」10位「帝京大可児高校」が県リーグ降格となった。

順位チーム勝点得点失点得失点2016年度
1静岡学園高校441422739+64プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2ジュビ口磐田U-184213324321+22プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3清水桜が丘高校277653123+8プリンスリーグ残留
4浜松開誠館高校258192636-10プリンスリーグ残留
5東海学園高校247382434-10プリンスリーグ残留
6中京大学附属中京高校216392635-9プリンスリーグ残留
7四日市中央工業高校2170112740-13プリンスリーグ残留
8藤枝東高校2062102438-14静岡県リーグ降格
9磐田東高校1752111831-13静岡県リーグ降格
10帝京大可児高校1644101944-25岐阜県リーグ降格

2014年度結果と順位表

順位チーム試合勝点得点失点得失差2015年度
1清水桜が丘高校18391233422121プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2静岡学園高校18361062391821プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3ジュビロ磐田ユース18341116382117プリンスリーグ残留
4浜松開誠館高校1834104423176プリンスリーグ残留
5藤枝東高校182675625232プリンスリーグ残留
6帝京大可児高校182574725241プリンスリーグ残留
7中京大中京高校18184682636-10プリンスリーグ残留
8磐田東高校181435101433-19プリンスリーグ残留
9東邦高校181334112031-11愛知県リーグ降格
10藤枝明誠高校181024121745-28静岡県リーグ降格

2013年度結果と順位表

プレミアリーグイースト9位の「静岡学園高校」がプリンスリーグ東海に自動降格。
プリンスリーグ東海1位の「ジュビロ磐田ユース」と、2位の「藤枝東高校」共にプレミアリーグ参入戦で敗退。
8位「四日市中央工業高校」9位「三重高校」10位「清水東高校」が県リーグ降格となった。

順位チーム試合勝点得点失点得失差2014年度
1ジュビロ磐田ユース18441422502228プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2藤枝東高校18331035493217プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3浜松開誠館高校1831101732266プリンスリーグ残留
4中京大中京高校183093641383プリンスリーグ残留
5清水桜が丘高校182783736324プリンスリーグ残留
6藤枝明誠高校18226483438-4プリンスリーグ残留
7帝京大可児高校18205582831-3プリンスリーグ残留
8四日市中央工業高校18195492836-8三重県リーグ降格
9三重高校18195492539-14三重県リーグ降格
10清水東高校1881512837-29静岡県リーグ降格

2012年度結果と順位表

4月7日~10月13日までホーム&アウェー方式で開催された。

順位チーム試合勝点得点失点得失差2013年度
1ジュビロ磐田ユース18371143351322プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2浜松開誠館高校18371143381721プリンスリーグ残留
3四日市中央工業高校183194532239プリンスリーグ残留
4藤枝東高校183093625205プリンスリーグ残留
5藤枝明誠高校182776530291プリンスリーグ残留
6帝京大可児高校18225761819-1プリンスリーグ残留
7清水商業高校18225761925-6プリンスリーグ残留
8中京大中京高校181853101736-19プリンスリーグ残留
9磐田東高校181334111937-18静岡県リーグ降格
10常葉橘高校18916111226-14静岡県リーグ降格

出典元:公益財団法人日本サッカー協会

プリンスリーグ北信越 大会要項とプレーオフ要項

2019年度の大会要項を掲載しております。

プリンスリーグ東海 大会要項

目的

東海地域のユース年代において、長期にわたるリーグ戦を通して選手の育成および指導者のレベルアップを図り、東海・日本を代表するチームと選手を創り出すことで、東海・日本のサッカーの向上に寄与するものとする。

名称

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2019東海

主催

(一社)東海サッカー協会

主管

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2019東海 実行委員会
(公財)愛知県サッカー協会 (一財)静岡県サッカー協会
(一社)三重県サッカー協会 (一財)岐阜県サッカー協会

後援

スポーツ庁
公益財団法人日本サッカー協会
愛知県教育委員会 静岡県教育委員会 三重県教育委員会 岐阜県教育委員会

協賛

JFA Youth & Development Official Partner
トヨタ自動車株式会 ニチバン株式会社 株式会社 明治 株式会社モルテン

期間

2019年4月6日(土)~12月7日(土)

試合会場

東海各県会場

参加資格

(1)(公財)日本サッカー協会2種に加盟または準加盟されているチームであること。
(2)(1)のチームに所属し、(公財)日本サッカー協会に個人登録された選手であること。
(3)高体連加盟チームに関しては、高体連主催大会の規定に準じ、2000年4月2日以降に生まれた者とする。ただし、同一学年での出場は1回限りとする。なお出場とは、大会参加申込や試合のエントリーではなく、実際の試合出場を指す。
(4)資格について疑義が提出されたときは、大会実行委員会において審議する。

参加チーム

10チーム

申込方法

(1)2019年2月14日(木)までに所定の用紙(プログラム原稿)を大会実行委員会に提出して大会申込みを行う。

競技方法

(1)平成31年度(公財)日本サッカー協会制定の規則による。
(2)10チームによる2回戦総当りのリーグ戦を行う。
(3)順位決定は、勝ち3点、引き分け1点、負け0点の勝ち点制とする。但し、勝ち点が同じ場合は、得失点差、総得点、当該チーム間の勝ち点、当該チーム間の得失点差、当該チーム間の総得点、抽選の順で決定する。
(4)試合時間は90分(45分ハーフ)とし、ハーフタイムのインターバルは原則として15分とする。
(5)試合毎にエントリーできる選手の人数は18名以内とし、試合中の選手の交代は5名以内とする。ただし後半の交代については3回までとする。
(6)ベンチ入りできる役員・チームスタッフの人数は、6名以内とする。

登録

(1)本大会に登録できる選手の人数は、1チーム30名以内とする。
(2)クラブ申請を行っているチームについては、3種登録選手を登録することができる。
(3)チームは、4月2日(火)までにメンバー登録票を大会実行委員会に提出する。
(4)新1年生については、登録人数の上限である30名以内であれば、5月10日(金)まで追加登録することができる。
(5)チームは、下記の登録変更期間中に登録選手を変更することができる。
① 2019年 6月 4日(火) ~ 6月11日(火)
② 2019年 8月13日(火) ~ 8月20日(火)
③ 2019年11月12日(火) ~ 11月19日(火)
(6)本大会に登録された選手のうち、フィールドプレーヤー13名とゴールキーパー1名がブロックされ、登録されたチーム以外の試合には出場することができない。
(7)ブロック選手は、出場時間実績によって決定される。ただし、出場時間が同じで13番目までの選手が決まらない場合は、チーム選出でブロック選手を決定する。
① 第1回登録時:出場時間実績がないため、チーム選出でブロック選手を決定する。
② 第2回登録時:第2回登録時の登録選手のうち、プリンスリーグ2019東海の第1節~第6 節における出場時間が多い選手をブロック選手とする。
③ 第3回登録時:第3回登録時の登録選手のうち、プリンスリーグ2019東海の第7節~第10節における出場時間が多い選手をブロック選手とする。
④ 第4回登録時:第4回登録時の登録選手のうち、プリンスリーグ2019東海の第11節~第15節における出場時間が多い選手をブロック選手とする。
(8)3種登録選手はブロック対象外とする。
(9)GKが1か月以上の長期の怪我をした場合、登録変更期間に関わらず、GK を1人のみ自チームの登録外選手から追加できる、その際は、大会実行委員会へ診断書を提出する。
(10)登録した選手が日本代表に招集された場合、JFA・J リーグ特別指定選手となった場合、J クラブにおいて第2種トップ可選手として登録された場合は、その選手の代わりに新たな選手の追加登録を認める。
(11)選手が大会期間中に移籍をした場合、当該選手は、移籍後から(5)に定めた登録変更期間までは異なるチームから出場することができない。

懲罰

(1)警告の累積について
① 本大会中、通算3回の警告を受けた選手は、本大会における次の1試合に出場することができない。
② 本大会中、警告の累積による出場停止を繰り返した場合、2回目以降については、本大会における次の2試合に出場することができない。
(2)退場について
① 本大会中、退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できない。その後の処置については、規律委員会で決定する。規律委員は、各県2種委員長、2種審判委員長とする。
② 退場による出場停止処分は、同一競技会における直近の試合に適用されるものとする。同一競技会において消化しきれなかった場合、残存の出場停止処分は、当該出場停止処分を受けたチームが出場する直近の公式試合において、その処分を消化するものとする。
③ 退場による出場停止処分を受けた場合は、その出場停止処分を科された当該リーグ戦において処分を消化する。複数チームをリーグ戦にエントリーしていたとしても、異なるレベルのリーグ戦において出場停止処分は消化しない。ただし、選手登録変更ウィンドウが開いて登録チームを移動した場合は、未消化の退場による出場停止処分は移動先のリーグで消化する。
④ 本大会で発生した退場による出場停止処分は、協会および高体連が主催するすべての大会に適用される。

入れ替え

(1)1位のチームは、プレミアリーグプレーオフに出場する権利を得る。
(2)9位と10位のチームが次年度各FAリーグに降格することを原則とするが、降格チーム数はプレミアリーグ昇降格チーム数により変動する。ただし、10位のチームは必ず次年度各FAリーグに降格することとする。
(3)各FAリーグ1位のチームは、プリンスリーグプレーオフに出場する権利を得る。
(4)プリンスリーグプレーオフの上位2チームは、次年度プリンスリーグ東海へ昇格する。ただし、プレミアリーグからのプリンスリーグ東海への降格がなくプリンスリーグ東海からプレミアリーグに2チーム昇格した場合、プリンスリーグプレーオフ3位のチームも昇格することとする。

参入戦

(1)プリンスリーグプレーオフの実施方法は、別途定める。
(2)プリンスリーグプレーオフの開催時期は、プレミアリーグプレーオフの開催時期に合わせる。

 表彰

(1)優勝、準優勝、第3位のチームには、表彰状と楯を授与する。
(2)大会を通して最も多く得点をした選手を表彰する。

その他

(1)試合中における中止・中断の決定について
① 試合中における中止・中断の決定については、会場責任者の判断に委ねるものとする。その後の処置は、大会実行委員会において協議のうえ決定する。
② 前半終了後に中止された場合は、その時点のスコアで試合成立とする。
③ 一方の責任により中止になった場合は、帰責事由のあるチームを0対3の負けとする。
(2)大会規定に違反または不都合な行為のあった場合は、そのチームの出場を停止する。また、そのチームが関係するすべての試合結果を抹消し、その後の処分は規律委員会で決定する。
(3)大会実施要項に記載されていない事項については、大会実行委員会において協議のうえ決定する。

参照元:プリンスリーグ東海

コメント

スポンサーリンク

NURO光で最速通信を体験しよう!

このサクサク感を一度味わったら離れられなくなる最速インターネットはNURO光。
月額料金が安く高額キャッシュバックも魅力的ですね

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NURO光
タイトルとURLをコピーしました