【プリンスリーグ北信越】過去結果と大会要項・プレーオフ要項

スポンサーリンク
SDGsへの取り組み
SDGs

自転車でサッカーの応援に行こう!では、SDGsを支援しています。 購入したお土産を廃棄する事なく美味しく頂き、自転車で移動する事によってCO2を削減する活動をしております。

プリンスリーグ北信越プリンスリーグ
この記事は約18分で読めます。

プリンスリーグ北信越」は、新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県の北信越地方5県の2種(高校生・ユース)が対象のU18サッカーリーグであり、開催期間は4月初旬~11月初旬。

・開催初年度は2003年。6チームによる1回戦総当りのリーグ戦を行った。
・2013年より1部制リーグの定着。
・「JFAプリンスリーグU-18北信越」「高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ北信越」を経て、2018年より「高円宮杯 JFA U-18 サッカー プリンスリーグ北信越」に名称変更。

プリンスリーグ北信越の歴代結果を掲載・更新しております。

このページで分かる事

2013年度からのプリンスリーグ北信越の過去順位と大会要項・プレーオフ要項

スポンサーリンク

高円宮杯 JFA U-18 サッカー プリンスリーグ北信越 過去順位

10チームによる2回戦総当りのリーグ戦を行う。
9・10位は県1部に降格する。

2019年度順位表

プレミアリーグ昇格をかけたプレーオフに出場した、「帝京長岡高等学校」と「 富山第一高等学校 」の2チームが共に敗退した為、プリンスリーグ北信越からの県リーグ降格チームは2チームとなった。

プリンスリーグ北信越参入戦を勝ち抜いた「ツエーゲン金沢U-18(金沢県)」と「松本山雅FC U-18(長野県)」が、2020年度のプリンスリーグ北信越参入を決めた。

順位チーム勝点得点失点得失差2020年度
1帝京長岡高等学校(新潟県)3912334716+31プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
2富山第一高等学校(富山県)3711433618+18プレミアリーグプレーオフ→プリンスリーグ残留
3福井県立丸岡高等学校(福井県)3310353220+12プリンスリーグ残留
4アルビレックス新潟U-18(新潟県)288462825+3プリンスリーグ残留
5北越高等学校(新潟県)268282725+2プリンスリーグ残留
6星稜高等学校(石川県)2271103335-2プリンスリーグ残留
7新潟明訓高等学校(新潟県)2271102131-10プリンスリーグ残留
8カターレ富山U-18(富山県)215671624-8プリンスリーグ残留
9東京都市大学塩尻高等学校(長野県)1442121347-34長野県リーグ降格
10開志学園JAPANサッカーカレッジ高等部(新潟県)1334111931-12新潟県リーグ降格

2018年度順位表

プレミアリーグEAST10位の「富山第一高校」がプリンスリーグ北信越に自動降格。
プリンスリーグ北信越1位の「新潟明訓高校」がプレミアリーグプレーオフで敗退したため、2019年度の県リーグ降格チームは9位「日本文理高校」と10位「長岡向陵高校」の2チームとなった。

順位チーム勝点得点失点得失差2019年度
1新潟明訓高校(新潟県)4514314110+31プレミアプレーオフ出場→プリンスリーグ残留
2アルビレックス新潟U-18(新潟県)4314134621+25プリンスリーグ残留
3帝京長岡高校(新潟県)3912335522+33プリンスリーグ残留
4北越高校(新潟県)3110174526+19プリンスリーグ残留
5星稜高校(石川県)268283432+2プリンスリーグ残留
6富山第一高校セカンド(富山県)247382330-7富山県リーグ降格
7カターレ富山U-18(富山県)1752112335-12プリンスリーグ残留
8開志学園JSC(新潟県)1752112338-15プリンスリーグ残留
9日本文理高校(新潟県)1752111542-27新潟県リーグ降格
10長岡向陵高校(新潟県)101171463-49新潟県リーグ降格

2017年度順位表

プレミアリーグへの昇格は「富山第一高校」の1チーム。
プリンスリーグ北信越からの県リーグ降格は、9位「鵬学園高校」、10位「新潟西高校」の2チーム。

2018年度のプリンスリーグ北信越参入チームは3。

順位チーム勝点得点失点得失差2018年度
1富山第一高校(富山)5117017012+58プレミアリーグ参入戦→プレミアリーグ昇格
2帝京長岡高校(新潟)3912336526+39プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3星稜高校(石川)3611343525+10プリンスリーグ残留
4日本文理高校(新潟)299274234+8プリンスリーグ残留
5新潟明訓高校(新潟)299273227+5プリンスリーグ残留
6アルビレックス新潟Uー18(新潟)279093424+10プリンスリーグ残留
7長岡向陵高校(新潟)1961112431-7プリンスリーグ残留
8北越高校(新潟)1961113149-18プリンスリーグ残留
9鵬学園高校(石川)103114957-48石川県リーグ降格
10新潟西高校(新潟)411161370-57新潟県リーグ降格

2016年度順位表

プレミアリーグイースト10位の「アルビレックス新潟」がプリンスリーグ北信越に自動降格。
プリンスリーグ北信越1位の「新潟明訓高校」と2位の「帝京長岡高校」共にプレミアリーグ参入戦で敗退。
9位「遊学館高校」と10位「高岡一高校」が県リーグ降格となった。

順位チーム勝点得点失点得失点2017年度
1新潟明訓高校3911614315+28プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2帝京長岡高校3511256720+47プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3星稜高校3511255730+27プリンスリーグ残留
4富山第一高校3411164526+19プリンスリーグ残留
5新潟西高校339633117+14プリンスリーグ残留
6鵬学園高校237293033-3プリンスリーグ残留
7長岡向陵高校2271102539-14プリンスリーグ残留
8北越高校2062103147-16プリンスリーグ残留
9遊学館高校1125111451-37石川県リーグ降格
10高岡第一高校411161580-65富山県リーグ降格

2015年度順位表

順位チーム勝点得点失点得失点2016年度
1アルビレックス新潟U-184715215520+35プレミアリーグ参入戦→プレミアリーグ昇格
2新潟明訓高校3511254018+22プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3富山第一高校3410444818+30プリンスリーグ残留
4星稜高校3411163721+16プリンスリーグ残留
5北越高校3110173445-11プリンスリーグ残留
6新潟西高校268283230+2プリンスリーグ残留
7帝京長岡高校237293230+2プリンスリーグ残留
8遊学館高校1644102035-15プリンスリーグ残留
9新潟工業高校822141756-39新潟県リーグ降格
10創造学園高校512151355-42長野県リーグ降格

2014年度順位表

順位チーム試合勝点得点失点得失差2015年度
1アルビレックス新潟ユース18491611701654プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2星稜高校18451431792257プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3遊学館高校183288229227プリンスリーグ残留
4帝京長岡高校1831101735341プリンスリーグ残留
5新潟西高校18267563344-11プリンスリーグ残留
6新潟工業高校18216393945-6プリンスリーグ残留
7創造学園高校181853102948-19プリンスリーグ残留
8北越高校181550133256-24プリンスリーグ残留
9丸岡高校181132132046-26福井県リーグ降格
10富山第一2nd18822141548-33富山県リーグ降格

2013年度順位表

順位チーム試合勝点得点失点得失差2014年度
1星稜高校18471521711556プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
2アルビレックス新潟ユース18441422551441プレミアリーグ参入戦→プリンスリーグ残留
3帝京長岡高校18361134472621プリンスリーグ残留
4北越高校182783742366プリンスリーグ残留
5新潟西高校18247383842-4プリンスリーグ残留
6遊学館高校18204862830-2プリンスリーグ残留
7創造学園高校182062104045-5プリンスリーグ残留
8新潟工業高校181752112946-17プリンスリーグ残留
9開志学園JSC181644103051-21新潟県リーグ降格
10東海大三高校18303151085-75長野県リーグ降格

出典元:公益財団法人日本サッカー協会

プリンスリーグ北信越 大会要項とプレーオフ要項

2019年度の大会要項を掲載しております。

プリンスリーグ北信越 大会要項

1.主旨

  • 北信越サッカー協会は、日本サッカーの将来を担うユース(18歳以下)の少年たちのサッカー 技術の向上と、健全な心身の育成を図ることを目的とし、第2種加盟チームのすべてが参加できる大会として、本大会を実施する。

2.名称

  • 高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ2019 プリンスリーグ北信越

3.主催

  • (一社)北信越サッカー協会

4.主管

  • (一社)長野県サッカー協会・(一社)新潟県サッカー協会・(公社)富山県サッカー協会
    (一社)石川県サッカー協会・(一社)福井県サッカー協会
    高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ 2019 北信越実施委員会

5.後援

  • スポーツ庁
    (公財)日本サッカー協会
    (公財)長野県スポーツ協会・(公財)新潟県スポーツ協会・(公財)富山県体育協会
    (公財)石川県体育協会・(公財)福井県スポーツ協会
    長野県教育委員会・新潟県・富山県教育委員会・石川県・福井県教育委員会

6.協賛

  • JFA Youth & Development Official Partner
    トヨタ自動車株式会社、ニチバン株式会社、株式会社 明治、株式会社モルテン

7.期日

  • リーグ戦 :2019年 4月 7日(日)~10月 14日(月)

8.会場

  • (新潟県) 新潟聖籠スポーツセンター、JAPANサッカーカレッジ、新潟明訓高校、北越高校、帝京長岡高校
  • (富山県) 富山第一高校、日医工スポーツアカデミー、富山県岩瀬スポーツ公園サッカー・ラグビー場
  • (石川県) 金沢大学SOLTILO FIELD、七尾市能登島グラウンド
  • (福井県) 丸岡スポーツランド、テクノポート福井スタジアム
  • (長野県) 松本市サッカー場、あがた運動公園多目的広場、松本平広域公園アルウィン芝生グラウンド、松本平広域公園サッカー場、東京都市大学塩尻高校

9.参加資格

  • (1)(公財)日本サッカー協会に第2種登録の加盟または準加盟の単独チームであること。
  • (2)(公財)日本サッカー協会に個人登録を完了している者。
  • (3)(公財)日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同一クラブ内の別のチームに所属する選手が移籍手続きを行うことなく本大会に参加させることができる。
    この場合、同一クラブ内のチームであれば、複数のチームから選手を参加させることも可能とする。
    なお、本項の適用対象となる選手の年齢は第3種年代とし、第2種およびそれ以上の年代の選手は適用対象外とする。
  • (4)本大会に登録できる選手の人数は25名以内とする。
    なお、登録した選手が特別強化指定選手になった場合とJリーグトップへと登録された場合や日本代表に召集された場合は、その選手に代わり新たな選手の追加登録を認める。
  • (5)試合に登録することができる外国人選手は、1チーム3名以内とする。準加盟チームについてはその限りとしない。
  • (6)選手は2000年4月2日以降に生まれたものとする。ただし、同一学年の高円宮杯JFA U-18サッカーリーグへの出場は1回限りとする。
    なお「出場」とは 大会エントリーではなく試合出場を指す。

10.出場資格を得るための登録変更

  • (1) 追加及び登録変更については、下記の3回とする。
       第1回を4月23日(火)〜24日(水)、第2回を6月11日(火)〜12日(水)、第3回を9月3日(火)~4日(水)とする。
    いずれも最終日の18時までに所定の様式で、リーグの登録担当者へメールで送信すること。
  • (2) 選手が本大会期間中に移籍をした場合、当該選手は移籍後から(1)の追加登録期限まではリーグの異なるチームから出場することができない。
  • (3) 登録変更とブロック制度細則については別途に定める。

11.選手証

  • 各チームの登録選手は、原則として(公財)日本サッカー協会発行の選手証を持参しなければならない。ただし、写真(カラー)貼付により、顔の認識ができるものであること。
    ※選手証とは、本協会WEB登録システム「KICKOFF」から出力した選手証・登録選手一覧を印刷したもの、またスマートフォンやPC等の画面に表示したものを示す。

12.リーグ構成

  • 参加チームは、富山第一高校、新潟明訓高校、アルビレックス新潟U−18、帝京長岡高校、北越高校、星稜高校、カターレ富山U-18、開志学園JSC、丸岡高校、東京都市大学塩尻高校とする。

13.競技方法

  • (1)10 チームによるリーグ戦(ホーム&アウェイ)方式で行う。
  • (2)リーグの順位決定は、勝ち3点、分け1点、負け0点とする勝ち点制とする。ただし、勝ち点が同じ場合は次の通りに順位決定をする。
    《得失点差・総得点の多少・当該戦績・抽選》
  • (3)試合時間は、90 分間(前後半各45分)とする。
  • (4)後半のキックオフ時刻は、前半終了より15分後とする。
  • (5)プレーオフについては別紙(プレーオフ要項・細則)に準ずる。

14.競技規則

  • (1)(公財)日本サッカー協会の「サッカー競技規則」による。
  • (2)各試合の登録選手は20名以下とする。
  • (3)選手の交代は、試合開始前に登録した最大9名の交代要員の中から、5名までの交代が認められる。
    ただし、後半の交代回数は3回までとする。(1回に複数人を交代することは可能)
    なお、前半、ハーフタイムでの選手交代は、後半の交代回数には含まれない。
  • (4)試合エントリー完了後からキックオフ時刻までの間における選手の変更は、練習中の負傷または急病等やむを得ない事情があり、かつ、主審の承諾を得た場合に限り認められる。
    ①先発選手の場合、控え選手を先発選手に変更し、新たな選手を控え選手として補充することができる。該先発予定選手を控え選手に変更することはできないが、ゴールキーパーについては例外として認める。
    ②控え選手の場合、新たな選手を補充することができる。ただし、補充する選手は出場チームが参加申込をした25名の中からとする。
  • (5)本大会期間中に警告を3回受けた選手は、本大会の次の1試合に出場できない。
    また、2回目の累積出場停止を受けた選手は、本大会の次の2試合に出場できない。また本大会以外の公式戦にも適用されない。
  • (6)試合開始時間に遅れた場合は、開催規程第44・45条に準じる。

15.懲罰について

  • (1)本大会の懲罰に関しては、別途「育成年代リーグにおける懲罰規定」に定める。
  • (2)本大会とプレミアリーグ・北信越各FAリーグと各参入戦は懲罰規定上の同一大会とみなす。

16.参加申込

  • (1) 所定の「参加申込書」及び「プライバシーポリシー同意書」を提出すること。
  • (2) 締切  2019年2月2日(土) 第1回実行委員会時 提出 (詳細は別紙)

17.参加料

  • 1チーム130,000円 (入金締切期日までに指定口座に入金すること)

18.ユニフォーム

  • (1)ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ソックス)については、正の他に副として、正と色彩が異なり判別しやすいユニフォームを参加申込書に記載し、各試合に携行すること。本大会に登録したものを原則とする。
  • (2)シャツの前面・背面にメンバー用紙に記載された選手番号を付けること。
  • (3)審判が通常着用する黒色と同一または類似のユニフォームのシャツを用いることはできない。GK についても同様である。
  • (4)ユニフォームの広告表示については、(公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規定」に基づき承認された場合のみこれを認める。
  • (5)その他の事項については(公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規定」に則る。

19.表彰

  • (1)リーグの優勝チームに表彰状とカップを授与する。準優勝チーム・3位チームに表彰状を授与する。
    優勝カップは次回までこれを保持せしめる。
  • (2)リーグのチームを対象にフェアプレー賞を規定により与える。
  • (3)リーグの優秀選手1名(優勝チームより)と得点王に表彰状を授与する。
  • (4)前年度優勝チームにレプリカを授与する。

20.プレミアリーグプレーオフへの出場

  • (1)本大会の優勝チームと準優勝チームは(公財)日本サッカー協会主催の「高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフ」に北信越代表としての出場資格を得る。どちらかのチームがプレミアリーグプレーオフを辞退した場合は3位のチームに権利が移行される。3位のチームが辞退した場合は、その出場権を失う。

21.降格

  • 下位2チームは、次年度各県FAリーグへ自動降格する。(別紙プレーオフ要項参照)

22.傷害補償

  • (1)試合会場では応急処置のみ主催者(主管サッカー協会含む)で行う。
  • (2)参加チームは必ず傷害保険、損害賠償保険に加入しておくこと。

23.その他

  • (1)大会規程に違反し、その他不都合な行為のあったときは、そのチームの出場を停止する。
    その場合、同チームが関係するリーグ戦すべての試合結果を抹消する。
    また、そのチームに対する処置は規律・フェアプレー委員会で決定する。
  • (2)ベンチ入りできる人員は14名(役員5名、交代選手9名)を上限とする。
  • (3)各試合、競技開始時間の80分前にメンバー用紙3部(本部2部、相手チーム1部)と、登録選手証を提出すること。
    その後70分前に代表者ミーティングを開催する。その際に、ユニフォームの決定、諸注意事項の説明を行う。
    また本大会要項9の(3)において選手を出場させる場合は、クラブ申請承認書(写し可)も持参すること。
  • (4)試合の中止・中断の決定については現場判断とし、その後の処理については実施委員会に於いて都度協議する。
  • (5)荒天時・その他大会運営に支障をきたす諸問題で、大会日程が変更されることもある。
  • (6)本大会要項に記載されていない事項については、本大会実施委員会において協議の上決定する。

プレーオフ大会要項

1.主旨

  • 北信越サッカー協会は、日本サッカーの将来を担うユース(18歳以下)の少年たちのサッカー 技術の向上と、健全な心身の育成を図ることを目的とし、第2種加盟チームのすべてが参加できる大会として、本大会を実施する。

2.名称

  • 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 北信越プレーオフ

3.主催

  • (一社)北信越サッカー協会

4.主管

  • (一社)長野県サッカー協会・(一社)新潟県サッカー協会・(公社)富山県サッカー協会
    (一社)石川県サッカー協会・(一社)福井県サッカー協会
    高円宮杯 JFA U-18 サッカープリンスリーグ 2019 北信越実施委員会

5.後援

  • スポーツ庁
    (公財)日本サッカー協会
    (公財)長野県スポーツ協会・(公財)新潟県スポーツ協会・(公財)富山県体育協会
    (公財)石川県体育協会・(公財)福井県スポーツ協会
    長野県教育委員会・新潟県教育委員会・富山県教育委員会・石川県・福井県教育委員会

6.協賛

  • JFA Youth & Development Official Partner
    トヨタ自動車株式会社、ニチバン株式会社、株式会社 明治、株式会社モルテン

7.期日

  • 1回戦 2019年11月17日(日)・2回戦 11月23日(土)・3位決定戦11月24日(日)

8.会場

  • 七尾市能登島グラウンド(石川県)

9.参加資格と選手証

  • (1)(公財)日本サッカー協会に第2種登録の加盟または準加盟の単独チームであること。
  • (2)(公財)日本サッカー協会および本大会に期日までに参加申込を完了した選手のみが、試合における競技資格をもつ。選手が本大会期間中に
    移籍をした場合、当該選手は移籍後から前項に定めた登録変更期間まではリーグ内の異なるチームから出場することはできない。
  • (3)(公財)日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同一クラブ内の別のチームに所属する選手が移籍手続きを行うことなく本大会に参加させることができる。この場合、同一クラブ内のチームであれば、複数のチームから選手を参加させることも可能とする。なお、本項の適用対象となる選手の年齢は第3種年代とし、第2種およびそれ以上の年代の選手は適用対象外とする。
  • (4)本大会に登録できる選手の人数は25名以内とする。なお、登録した選手が特別強化指定選手になった場合とJリーグトップへと登録された場合や日本代表に召集された場合は、その選手に代わり新たな選手の追加登録を認める。
  • (5)試合に登録することができる外国人選手は、1チーム3名以内とする。準加盟チームについてはその限りとしない。
  • (6)選手は2000年4月2日以降に生まれたものとする。ただし、同一学年の高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグへの出場は1回限りとする。
    なお「出場」とは 大会エントリーではなく試合出場を指す。
  • (7)各チームの登録選手は、原則として(公財)日本サッカー協会発行の選手証を持参しなければならない。ただし、写真(カラー)貼付により、顔の認識ができるものであること。
    ※選手証とは、JFA WEB登録システム「KICKOFF」から出力した選手証・登録選手一覧を印刷したもの、またスマートフォンやPC等の画面に表示したものを示す。

10.出場資格

  • (1) 第3回登録変更期間 9月3日〜4日に当該チームに登録された選手
  • (2) 上記の登録変更期間に、プリンスリーグ北信越でブロックされなかった選手

11.大会構成

  • 参加チームは、各県FAリーグ1部の上位チームで、新潟・富山・石川からは2チーム、福井・長野からは1チームの8チームによるトーナメント戦とする。(各県チーム数は、各県全国出場チームの成績により決定)

12.競技方法

  • (1)8チームによるトーナメント戦で行う。
  • (2)試合時間は、90分(後半開始は、前半終了後15分後)とし、勝敗の決しない時は20分(10分ハーフ)の延長戦を行い、なお決しない時はPK方式により次回進出チームを決定する。

13.競技規則

  • (1)(公財)日本サッカー協会の「サッカー競技規則」による。
  • (2)各試合の登録選手は20名以下とする。
  • (3)選手の交代は、試合開始前に登録した最大9名の交代要員の中から、5名までの交代が認められる。
    なお、延長戦での追加交代は認めない。
  • (4)選手の交代回数の制限
       ①選手交代は、後半の交代回数を3回までとする。(1回に複数人を交代することは可能)
       ②前半、ハーフタイム、延長戦に入る前のインターバルでの選手交代は後半の交代回数には含まれない。
       ③延長戦に入った際、後半に3回選手交代を行った場合でも、選手交代を行うことができる。
    (ただし、交代枠が残されている場合に限る)
  • (5)試合エントリー完了後からキックオフ時刻までの間における選手の変更は、練習中の負傷または急病等やむを得ない事情があり、かつ、主審の承諾を得た場合に限り認められる。
      ①先発選手の場合、控え選手を先発選手に変更し、新たな選手を控え選手として補充することができる。当該先発予定選手を控え選手に変更することはできないが、ゴールキーパーについては例外として認める。
  •   ②控え選手の場合、新たな選手を補充することができる。ただし、補充する選手は出場チームが参加申込をした25名の中からとする。

  • (6)本大会期間中に、退場を命じられた選手は次の1試合は出場できず、それ以降の処置については、本大会の規律委員会(各県専門委員長・会場総務)で決定する。ただし、該当選手の所属するチームがその試合において敗退した場合は、この処置を次の公式試合において適用する。
  • (7)本大会期間中に、警告を2回受けた選手は、本大会の次の1試合に出場資格を失う。また、本大会以外の公式戦には適用されない。
  • (8)試合開始時間に遅れた場合は、開催規程第45条・46条に準じる。(細則に記載)

14.懲罰について

  • (1)本大会の懲罰に関しては、別途「育成年代リーグにおける懲罰規定」に定める。
  • (2)本大会とプレミアリーグ・北信越各FAリーグと各参入戦は懲罰規定上の同一大会とみなす。

15.参加申込

  • (1) 所定の「参加申込書」及び「プライバシーポリシー同意書」を提出すること。
  • (2) 締切 2019年10月25日(木)18:00必着(各県2種委員長) とする。

16.参加料

  • 1チーム10,000円 (大会参加時に持参する)

17.ユニフォーム

  • (1)ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ソックス)については、正の他に副として、正と色彩が異なり判別しやすいユニフォームを参加申込書に記載し、各試合に携行すること。本大会に登録したものを原則とする。
  • (2)シャツの前面・背面にメンバー用紙に記載された選手番号を付けること。
  • (3)審判が通常着用する黒色と同一または類似のユニフォームのシャツを用いることはできない。GK についても同様である。
  • (4)ユニフォームの広告表示については、(公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規定」に基づき承認された場合のみこれを認める。
  • (5)その他の事項については(公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規定」に則る。

18.資格

  • (1)本大会の上位2チームは「高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2020北信越」への出場資格を得る。
  • (2)3位以下のチームは、プレミアリーグプレーオフ及びプレミアリーグの結果による。

19.傷害補償

  • (1)試合会場では応急処置のみ主催者(主管サッカー協会含む)で行う。
  • (2)参加チームは必ず傷害保険、損害賠償保険に加入しておくこと。

20.その他

  • (1)大会規程に違反し、その他不都合な行為のあったときは、そのチームの出場を停止する。
    その後の処置については、本大会実施委員会において協議の上決定する。
    また、そのチームに対する処置は規律・フェアプレー委員会で決定する。
  • (2)ベンチ入りできる人員は14名(役員5名、交代選手9名)を上限とする。
  • (3)各試合、競技開始時間の80分前にメンバー用紙3部(本部2部、相手チーム1部)と、登録選手証を提出すること。
    その後70分前に代表者ミーティングを開催する。その際に、ユニフォームの決定、諸注意事項の説明を行う。
    また本大会要項9の(3)において選手を出場させる場合は、クラブ申請承認書(写し可)も持参すること。
  • (4)試合の中止・中断の決定については現場判断とし、その後の処理については実施委員会に於いて都度協議する。
  • (5)荒天時・その他大会運営に支障をきたす諸問題で、大会日程が変更されることもある。
  • (6)本大会要項に記載されていない事項については、本大会実施委員会において協議の上決定する。

プレーオフ細則

    • ① 延長戦前のインターバルは5分、PK方式の前は3分とする。

② 組み合わせは2月2日(土)実行委員会の時に抽選決定した組合せトーナメント表による。
③ 昇格チーム数はプレミアリーグ及び同リーグプレーオフの結果により決定される。
④ 各FAリーグにおける警告については持ち越さないが、各FAリーグにおける退場処分についてはその限りではない。
⑤ 本大会の登録選手は、最後の選手移動のウインドウが閉まった後の各カテゴリー登録選手であること。各チームは添付の登録用紙に打ち込み、10月25日(木)18時までに各県2種委員長に送信。各県2種委員長はそれぞれのリーグ戦メンバーと間違いないことを確認の上、翌日10月26日(金)まで送信。GKについては下のカテゴリーから1名追加登録できる。期間は今回の登録から11月13日(月)15時まで。
手続きについては登録表の最下段に打ち込み上記ルートで送信。
⑥ 各試合ごとの登録選手は上記⑤の登録選手より20名以内とする。
⑦ 使用球はプリンスリーグと同じとする。 「株式会社 モルテン」F5V5002 ヴァンタッジオ 5000 コンペティション
⑧ 試合中のベンチについては、上記組合せの左側のチームが、コートに向かって左ベンチを使用する。
⑨ 試合前の代表者ミーティングは試合開始70分前に当日指定する場所で行う。
⑩ 雷等不測の事態により、前の試合の終了が伸びた場合は2試合目の開始時間を遅らせることもある。

【開催規程】

第45条〔敗戦とみなす場合〕

試合が一方のチームの責に帰すべき事由により開催不能または中止となった場合には、その帰責事由のあるチームは、原則として0対3で敗戦したものとみなす。

第46条〔帰責事由となる場合〕

①利用交通機関が、マイクロバスや貸切バスなど発着時間が不確定な交通手段を使用したことによる遅れは、帰責事由にあたることとする。
 つまり、事故や工事による道路規制や通行止め、またはそれに伴う渋滞による遅れは全て帰責事由にあたる。ただし、天災等による、道路の寸断などについてはこれには該当しないこととし再試合について検討する。

②帰責事由に該当しないとみなす移動手段は、発着時間の明確となっている電車を利用した場合の遅れやストップ等によるものに限定する。

参照元:プリンスリーグ北信越

コメント

スポンサーリンク

NURO光で最速通信を体験しよう!

このサクサク感を一度味わったら離れられなくなる最速インターネットはNURO光。
月額料金が安く高額キャッシュバックも魅力的ですね

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NURO光
タイトルとURLをコピーしました