くにひろ屋【洋酒ケーキ】で飲酒運転になるのか|アルコール量はどれ程か

▽みんなに教えてあとで読む

くにひろ屋洋酒ケーキ

昭和36年、広島県府中市上下町で誕生した「くにひろ屋の洋酒ケーキ」は、一口食べただけで酔ってしまいそうな程ブランデーとラム酒が染み込んでいる、大人の洋菓子です。

ケーキなのにお酒を飲んだ様な気分になるので、車の運転をしても大丈夫なのか気になる所です。

ここでは、飲酒運転に該当するアルコール量とブランデーケーキに含まれるアルコール量、購入出来る店舗などを掲載しております。

くにひろ屋洋酒ケーキ

くにひろ屋の洋酒ケーキ

食べない方がいい人とは

※本品は少量のアルコール分を含んでいますので、お車等の運転やお子様の方はご注意ください。

という注意書きがありますが、普段お酒を飲まない方にとっては少量とは感じない洋酒の量なので、車を運転する方やお子様、妊婦さんや授乳している方も控えた方が良いですね。

くにひろ屋の洋酒ケーキで飲酒運転になるのか

洋酒ケーキを食べた後の運転は飲酒運転になるのかというのは、呼気に含まれるアルコールの度合いによって違ってきます。

一般的に飲酒運転に該当するのは、呼気に15mg以上のアルコールが含まれている状態です。

洋酒ケーキなどのブランデーケーキ類を食べた後は、呼気中には多くても10mg程のアルコールが含まれるようになります。

という事は、洋酒ケーキを食べただけでは、飲酒運転には該当しません

しかし、その呼気にどのくらいの量のアルコールが含まれてくるのかというのは、人によって違います。

お酒に強い方でも、その時の体調や、食べてから計測までのタイミングなどで基準値を超えてしまう事もあるでしょう。

なので、1つ食べた位では数字上では問題無いですが、必ずしも全員が大丈夫という訳ではないと言えます。

洋酒ケーキだからって許されるわけではない

酒気帯び運転というのは、ケーキをちょっと食べただけだからと言っても見逃してくれる事はありません。

どんな理由にしても、アルコールの濃度が越えてしまうと酒気帯び運転になってしまいますので、洋酒ケーキなどのアルコール入り洋菓子を食べた後には、運転をしないことをおすすめします。

大人の味わいを楽しめる

ブランデーや洋酒が苦手な私でも、柔らかく溶けるようなスポンジケーキに浸ったお酒を楽しめます。
冷蔵庫で冷やすと美味しさ倍増ですので、冷えるのが待ち遠しくなりますよ!

くにひろ屋洋酒ケーキ
5個入りのパッケージ
くにひろ屋洋酒ケーキ
個包装されているので食べたい時に頂けます
くにひろ屋洋酒ケーキ
ケーキ全体に洋酒が浸っています

商品名洋酒ケーキ
名称洋菓子
価格650円
内容量5個
サイズ・重量7cm×2.5cm×6cm
58g
カロリー184kcal/1個当たり
アルコール分0.8g/1個当たり
原材料卵(広島産)、小麦粉、砂糖、
マーガリン(乳成分を含む)、
オリゴ糖、蜂蜜、ラム酒、ブランデー、
乳等を主要原料とする食品/
乳化剤、膨張剤、香料、酸化防止剤(V.E)
アレルゲン上記
賞味期限製造日より45日間
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存
製造者株式会社くにひろ屋
広島県府中市上下町上下1514番地1
TEL 0847-62-2449

東京・神奈川の取扱店舗

  • 広島ブランドショップ TAU
  • アンテナショップNEKI
  • サカガミ 駒込店
  • サカガミ
  • 清瀬店
  • サカガミ 豊島園店
  • サカガミ 高砂店
  • サカガミ ルパ赤坂店
  • サカガミ 宮原店
  • 三浦屋 コピス吉祥寺店
  • 三浦屋 グランエミオ大泉学園店
  • グランデュオ立川
  • グランルパ 南大沢店
  • グランルパ 豊洲店
  • 大野屋商店 武蔵小杉東急スクエア店
    参照元:くにひろ屋公式HP

お手頃価格なので見かけたら大人買いしておきましょう。

お子さんの手の届かない場所に置いて、大人の贅沢おやつを楽しんで下さい!

冷蔵庫で冷やすのを忘れないでくださいね!