クロスバイク 泥除け フェンダー選ぶならこの2種類 タイヤが太くても大丈夫。

みんなに教えてあとで読む▽

いつも大事に乗っている愛車のクロスバイク。

みなさん雨の日も乗っていますか。

雨の中走ると、タイヤの水ハネが背中にかかりっぱなしになり、ビショビショになってしまいます。

ママチャリの様にタイヤを覆っているカバーみたいな物は基本、クロスバイクやロードバイクには付いていません。

なので、雨の日に自転車に乗ると、ダイレクトに水が跳ね返ってきます。

雨の日は乗らないよ!って方もこれから紹介するフェンダーなら普段付けっぱなしでもカッコいいです。途中で雨が降ってきても安心です。

Ruler(ルーラー) ロードフェンダーセット

前輪・後輪のセットです。

元々開いている自転車のダボ穴に、付属の金具を取り付けてからフェンダーを差し込んでロックするタイプです。

※金具を取り付けた状態。必要ない日はこの状態ですがさほど気になりません。

フロントフェンダー

前輪の泥除け。

ワンタッチで取り外し可能なので、必要ない日は外しておいても違和感ありません。

リアフェンダー

32Cのタイヤを全て覆ってくれます。

ルーラー フェンダー前輪・後輪セット

OGK クロスバイク用リアフェンダーMF-021R

こちらは、シートポスト(サドルの下)に固定して使用するタイプです。

アーレンキー(工具)も付属していますので、取り付けが簡単です。

高さ調整も2箇所でそれぞれ可能ですので、タイヤに沿った綺麗なフォルムにセット出来ます。

フェンダーの幅も十分あり、32Cタイヤでもはみ出る事はありません。

OGK クロスバイク用リアフェンダー MF-021R 黒


OGK クロスバイク用リアフェンダー MF-021R 黒

結論

最初に購入するならルーラー フェンダー前輪・後輪セットがいいと思います。
とりあえず前輪・後輪セットでしばらく使用してみて、しっくり来なければ普段は外しておいてもいいでしょう。

いや、ずっと付けておきたいというのであれば、OGK クロスバイク用リアフェンダー MF-021R 黒 がお勧めです。流れる様な曲線はカッコイイです。

どちらも38C位の太さであれば問題なく雨水をガードしてくれますので、万が一の為や愛車のドレスアップに取り付けてみてはいかがでしょうか。

ディオーレのブレーキゴムを交換したいけど 、どの型番を買えばいいのか。交換方法と合わせて写真で解説します。
自転車にバックミラーは付けていますか?一度この安心感を味わうともう手放せません。沢山種類があるわけでもないので、カッコいいミラーを紹介します。