自転車のドリンクホルダー&ボトル選び

みんなに教えてあとで読む▽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0



ママチャリ時代には、飲み物なんて気にした事無かったのですが、クロスバイクで一生懸命漕ぐと、運動量半端ないっす!汗半端ないっす!痩せちゃいまっす!

特に夏は、こまめに水分補給しないと、意識無くなりまっす!

なので、どの季節でも、飲み物は必ず持っていくか、途中で購入してください。

そこで必要になってくるのが、

ドリンクホルダー(ボトルケージ)

クロスバイクには、車体にドリンクホルダーを設置出来る箇所がありますので、選ぶ際は、サイズ調整可能タイプか、ペットボトル専用ホルダーにしておけば、自販機で購入したらそのままホルダーに挿し、信号待ちの際に飲むという感じになります。←あくまでも、景色を楽しみながら、子供のサッカーの応援に行くという前提ですので、常に一生懸命漕ぐ方は、常に水分補給可能なボトルにしてください。

また、乗りながら本体を握るだけで水分補給が出来る、ボトルタイプが一般的となりますが、あまり保冷効果がない事と、手入れが意外と大変なので、私は以下の方法で常にキンキンの状態で水分補給しています。

サイズ変更可能ホルダーと、ペットボトル専用ホルダーの計2個を設置。

・480mmℓの魔法瓶(ワンプッシュで開く水筒です)

・ペットボトル1本(アミノ酸系のスポドリ)

夏場:魔法瓶に、スポドリと氷を満タンと、凍らせたペットボトルのスポドリ。

冬場:魔法瓶に、熱いココアと、スポドリ。

夏場は、帰ってくるまで魔法瓶の中の氷が解けません。途中自販機で購入すれば、ずっとキンキンです。

冬場は、行き帰りはペットボトルで水分補給しつつ、現地ではとーっても冷えるので、熱いままのココアが飲めるのは応援する元気が沸いてきます。

 

という事で、本物のサイクルマンには役に立たないですが、子供の応援がメインであれば、

・ドリンクホルダー×2個

・魔法瓶にペットボトル

がおすすめです!



▽フォローしてみよう!