クロスバイクにドリンクホルダー設置で快適サイクリング

▽みんなに教えてあとで読む

クロスバイクドリンクホルダー

ママチャリ時代には飲み物なんて気にした事無いと思いますが、クロスバイクで一生懸命漕ぐと、汗が半端なくあふれてカラダが水分を欲しがるのが分かります!

特に夏は、こまめに水分補給しないと意識無くなります!

なので、どの季節でも飲み物は必ず持っていくか、途中で購入してください。

そこで必要になってくるのが・・・

ドリンクホルダー(ボトルケージ)

クロスバイクには車体にドリンクホルダーを設置出来る箇所があります。

クロスバイクドリンクホルダー
フレームのこの位置にネジが2つ付いていれば設置可能なので、ネジを外してドリンクホルダーを付ければOK

上の写真はサイズ調整可能タイプですが、下の写真のようにペットボトル専用タイプも同時に設置するのがオススメです。

自販機でペットボトルを購入したらそのままホルダーに挿し、信号待ちの際に飲むという感じになります。

乗りながら水分補給をしているロードバイクのお兄さんお姉さんを見た事があると思いますが、手で容器を握ると出てくるボトルタイプという物です。
とても便利なのですが、あまり長時間保冷効果がない事と手入れが大変なため、面倒な事が嫌いな私は使っておりません。

なので、私は以下の方法で常にキンキンの状態で水分補給しています。

ペットボトル専用ホルダー・サイズ変更可能ホルダーをそれぞれ設置

MINOURA(ミノウラ) ペットボトル用ケージ [PC-500] 500ml用 ブラック

ペットボトル専用のホルダーですので、キンキンに冷えたスポドリ等を挿したままサイクリング可能です。

私の場合は、購入したペットボトルを氷の入ったマホービンに詰め替えて、入りきらなかったら挿しておき、冷たいうちに飲みきります。

クロスバイクドリンクホルダー
ペットボトルの太さに合わせて調整可能

色の種類が豊富なので、自分好みの色を見つけよう!

TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2

480mmℓのマホービン(ワンプッシュで開く水筒)を挿しておくのに大変便利です。

クロスバイク ドリンクホルダー
アーレンキーでとめるだけの簡単設置
水筒サイズに合わせてワンプッシュで調整可能

こんな使い方も

夏は-

マホービンにスポドリと氷を満タンにして調節可能なドリンクホルダーに挿し、凍らせたペットボトルのスポドリをペットボトルケージに挿しておく。

夏場は帰ってくるまで魔法瓶の中の氷が解けません。途中自販機で飲み物を購入すれば、ずっとキンキンです。凍らせておいたペットボトルも途中で解けますので飲み頃が続きます。

冬は-

マホービンに熱いココアを入れて調節可能なドリンクホルダーに挿し、ペットボトルのスポドリをペットボトルホルダーに挿しておく。

冬場は行き帰りは水分補給のためにペットボトルを挿しておき、観戦中は冷えるので熱いままのココアを飲む事ができます。

おすすめ

自転車に乗っていると、夏も冬ものどが渇きます。適度に水分補給しておかないと、途中でどっと疲れが出てしまったり、こいでいる途中でサッカー選手のように足がつってしまう事もあります。

お洒落なのにあまり目立たずにカスタマイズできますので、今度の週末はペットボトルホルダーをつけてサイクリングしてみてはいかがでしょうか。

・ドリンクホルダーを2箇所に設置
・ペットボトルを魔法瓶に詰め替えて、入りきらなかった分は挿しておく