本ページはプロモーションが含まれております。

Vブレーキシュー 【ゴム交換方法】S70CとM70CT4の違いは…シマノ ディオーレでやってみた

シマノブレーキシューゴム交換してみた メンテナンス
老眼ライダー
老眼ライダー

ここでは、シマノVブレーキシューの交換手順とゴムの選び方を詳しく解説します!

ブレーキの利きが悪くなったと感じる様になったら、ブレーキゴムを見てみましょう。

ゴムの部分が山になっていますが、溝の隙間がなくなっていたら既に替え時を通り越しています。

ブレーキは使えば使うほどすり減っていき、握る幅も広がってきます。

毎日通勤通学で乗っているのであれば、1年に1度は交換しましょう。

ペアで900円程で購入可能で、前輪・後輪共用です。

今回は、シマノのカートリッジ式(交換式)Vブレーキシューのゴム交換をやってみました。

プロフィール
老眼ライダー

小中高のお子さんを応援するお父さんお母さんに役立つ情報を発信しています。
2024年はコストコに通い続けて22年目に突入!

iPhoneは毎年1台お正月のApple初売りで買い替えてます。

=主な記事内容=
・自転車メンテナンス
  →初心者向け
・U12~U18サッカー
  →各種大会結果一覧
・全国各地のお土産
  →カロリー紹介
・ファミマフラッペ
  →歴代カロリー紹介
・コストコ商品
  →カロリー紹介
・全国ご当地パン
  →カロリー紹介
・iPhoneお役立ち情報
・生活に役立つ情報など

老眼ライダーをフォローする
\SBI証券口座開設で2万ポイントゲット!/

\いつものお買い物でポイ活!/
・楽天市場やYahoo!ショッピングだけじゃない!
・クレカ作成時もハピタスを経由するだけでポイントゲット!
・Apple公式サイトもハピタス経由をお忘れなく!
・貯まったらPayPayに交換しちゃおう!

シマノ DEORE BR-T610 のゴムは M70CT4 S70C どちらにするか

老眼ライダー
老眼ライダー

晴れしか乗らないか雨でも乗るかで2種類から選択可能です!

どちらも様々なカートリッジに対応しているので安心です。

シマノ公式HPには、ブレーキシューの本体はBR-T610しか載っていないので、今度種類は絞られていくのでしょうか。

BR-M970, BR-M960, BR-M951, BR-M950, BR-T780, BR-M770, BR-M760, BR-M750, BR-M739, BR-M737, BR-M600, BR-M580, BR-M570, BR-M530, BR-M510, BR-M432, BR-M431, BR-M430, BR-M422, BR-M421, BR-M420, BR-M330, BR-T670, BR-T660, BR-T610, BR-T300, BR-MX70, BR-MC18

M70CT4(Severe)

ウェットコンディション時にブレーキ性能を最大限に発揮出来るM70CT4

どちらかといえば、全天候型です。

・雨天時のブレーキの効きは文句なし
・キーキーと音鳴りがしにくい
・多少リム(ゴムが当たる所)が黒くなるが許容範囲
老眼ライダー
老眼ライダー

1個買うと1ペア入っているので、2個買えば前後取り付けられます。

入っているもの

✅ブレーキシュー1ペア(2個入り)
✅固定ピン×2本

パッケージ変更なのか、表記が微妙に違いますが同じ型番なので大丈夫そうです。

S70C

カートリッジを購入した時に最初から付いているのは、ドライコンディション向けのS70Cという型番です。

・晴れていれば最高の制動力を発揮
・雨の日に乗ると、リム(ゴムが当たる所)が黒くなる。
・その後は晴れている時でもキーキー音が出やすくなる。
老眼ライダー
老眼ライダー

どちらも使用可能だが、全天候型のM70CT4がおすすめ!

前輪×2、後輪×2必要になりますので、ふたつ購入。
ひとつ900円ほどです。

シマノ DEORE BR-T610 のゴム交換方法

所要時間10分

見難いですが、4年交換していない状態です。
ブレーキを強く握らないと止まらなくなってますので、見た目以上に擦り減っています。

溝が残っている様に見えますが、正面からみると真っ平です。

タイヤもブレーキシューも本体から外さずに交換可能

後輪のゴム交換をします。

インナーリードという、ブレーキワイヤーの入ったシルバーの線を、ユニットという黒い箱から引っ張り出すと、両ブレーキがぷらぷらの状態になります。

黒い箱からシルバーのパイプを引っ張り出します
ロックが外れた状態です。
ブレーキゴムではない箇所に、シルバーのピンが出ているのが見えます。
このピンをペンチで引っこ抜きます。
ゴムをスライドすればスーッと外せますので、そのまま新しいゴムを入れます。
ゴムを入れる向きに気を付けてください。かなりの力で押し込みます。
付属のピンか抜いたピンを再び刺すことにより固定されます。ピンの向きは関係ありません。
こんな感じになるまでペンチを上手く使い、押し込んでください。

反対側も同様です。

両方共取り替えたら、インナーリードを元の所に戻します。
ブーツという、長靴の様なゴムも元の所に差し込んでおいてください。

前輪も同様の手順で交換できます。

さいごに

ブレーキは命に関わる大事な箇所です。
あまり乗っていなくてもゴムは劣化するので、年に一度は点検・交換しましょう。

元々付いていた S70C でも問題ありませんでしたが、雨が降っても自転車に乗る方は、晴雨共にバランスのとれたブレーキの効きが実感できる、 M70CT4 の選択が妥当です。

簡単で安く交換できるので、年イチで色々なゴムに挑戦してみるのも楽しみになります。

老眼ライダー
老眼ライダー

効きの違いが分かれば、もう自転車ツウですな!

今回交換したゴムです。
シマノ M70CT4カートリッジタイプブレーキシュー シビアコンディション用 BR-T610対応 Y8A298060

晴れた日用
シマノ S70C ドライコンディション用ブレーキシューBR-T610他適応 Y8A298030

コメント