【クロスバイクチェーンオイル】コスパ大でおすすめ。○○を挿せば新車の乗り心地。挿し方も…

メンテナンス
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

ぎこぎこ。

ぎこぎこ。

毎日乗っている自転車から変な音がするし、何だかペダルが重い・・

なんて事になるまでメンテナンスしていないママチャリにはもちろん、毎日大事に乗っているクロスバイクのチェーンにも、たまにはオイルを与えてあげましょう。

オイルを挿す度に新車の様な乗り心地に戻るので軽快に走れます。

できるだけ安くて性能の良いオイルを紹介しますので、もったいなくて使えないなんて事にはなりませんよ。

スポンサーリンク

おすすめオイル2本

様々なオイルが各社で販売されていますが、あれこれ悩むのも面倒な方は2本共持っていても良いでしょう。

晴れた日には

AZチェーンルブ B1-003

大容量で安いが雨には弱いです。
濡れて帰ってきた後はそのままにせずに注油しておかないとチェーンが錆びてしまいます。

でも、サラサラしているのでチェーンは汚れ難いです。

雨の日は乗らない方や、マメにチェーンにオイルを挿せる方におすすめです。

少しばかり安い分雨には弱いがチェーンが汚れ難い特典も

晴れ雨どちらでも

AZマルチパーパスSP BlcS-001

面倒くさがり屋さんにはこれが良いです。

粘度がある分、少しくらいの雨でもオイルが流れ落ちる事はありません。

晴れでも雨でも使える万能オイル
雨が降りそうな時はこれを挿してから出かけよう
スポンサーリンク

チェーンにオイルを挿す

チェーンを拭く

オイルを挿す前に、チェーンをサッと拭いておきましょう。
油の乗りが違ってきます。

チェーン油
ここまで汚れていたら限界だ
トゥルータッチワイパー1枚で汚れ落としとオイル塗布用に使える
油汚れをチェーン1周ふきふきしよう
厚手なので破れる事はない

チェーンにオイルを挿す

すこし面倒ですが、1コマ1コマに垂らして余分なオイルは拭き取りましょう。

ここをしっかりやっていればチェーンに染み渡ります。

オイルを挿す際は1ヶ所だけある溝のコマから始めると分かりやすい
チェーンオイル
1コマ1コマ全てにオイルを挿してそのまま拭き取ればOK
こんな感じまで綺麗になりました

挿し終わったら

試運転で全ギヤチェンジして隅々までオイルが行き渡るようにしておきましょう。

スポンサーリンク

今回使ったウエスとオイルと手袋

トゥルータッチワイパー

使い捨てビニール手袋にこのウエスで手は汚れません。
破れ難く1枚で十分に汚れを落とせます。
12枚入り。

AZ B1-003

サラサラしたオイルなのでチェーンは汚れにくいが、雨が降ると流れ落ちやすい。
ママチャリや週末近場のサイクリング程度の走行距離であれば、1ヶ月又は雨が降ったあとにはオイルを挿しましょう。

AZ BIcS-001チェーンルブ

とにかくチェーンにオイルを挿すのが面倒な方におすすめ。
粘度があり雨が降ってもオイルが落ちにくいので、少しくらいサボっても大丈夫なのは助かります。

使い捨て手袋

安いので自転車以外にもガンガン使える。
リュックに1組入れておけばイザという時も手を汚さずに済む。

スポンサーリンク

まとめ

フィニッシュライン(FINISH LINE) ドライ テフロン ルーブ プラボトル 120mlというチェーンオイルもありますが、AZ(エーゼット)のオイルであれば半分の値段で購入出来、品質も問題ありません。

私も以前はフィニッシュラインを使っていましたが、使うのがもったいなくてチビチビ使っていたり、頻繁に挿す事すら出来ませんでした。

AZのオイルならケチらずにたっぷり使えますので、気軽に挿す事が出来ますね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました