自転車で応援に遅刻しない為にはコレ!

みんなに教えてあとで読む▽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクルコンピューター

通称:サイコン

持っていなくても問題ありませんが、遠くに行く際にはあった方が便利なもののひとつです。

これを自転車に設置しておけば、スピード・走行距離・走行タイム・時刻等がリアルタイムで分かります。
クルマやバイクのスピードメーターの様なものの小型版です。

もちろん、スマホアプリにサイコン機能+ナビというのでもアリですが、電池の消耗が激しいので、モバイルバッテリーに繋げながらでないと、バッテリー切れで帰れなくなります。

私の場合は、
GoogleマップナビBluetoothヘッドセット を耳に着け音声案内してもらい、
設置済みのサイコンでは走行距離と時刻を確認しながら到着時間を調整しています。

スマホは、スリープ状態でポケットに保管しているので電池はあまり減らず、
サイコンは、必要最低限の機能の安価モデルなので、自転車から離れる時も付けたままです。

なので、コンビニに立ち寄る際や、試合会場に着いた際、スマホ等の取り外しが面倒な事もありません。

これが長年使っているサイコンですが、まだ電池交換1回だけで不具合はありません。

#キャットアイ(CAT EYE)サイクルコンピューターMICRO WIRELESS CC-MC200W

今の所は試合会場等では付けたままでも盗難にあっていませんが、そこそこの値段なので外しておいた方がいいですね。

まとめ

という事で、自転車応援遅刻しない様行くのにも、普段サイクリング楽しむのにも、サイコン一つ装着しておく事をオススメします
自転車アプリでバッテリー消費を気にするより断然イイですよ!