携帯ポンプ【自転車空気入れ】をフレームに装着しておけば安心!

▽みんなに教えてあとで読む

スポンサーリンク

通勤・通学・サイクリング中にタイヤがパンクしたり空気を入れたい時はどうしていますか。

今日は遠くまで行くぞ!って時は、パンク修理セットと携帯空気入れを持っていく方が多いと思いますが、近場で持っていく方は少ないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

空気入れを自転車に装着

パンクで遅刻したくないなら、空気入れはフロントフォークに取り付けておくべきです。

運良く自転車屋さんの前でパンクしてくれれば良いのですがそうもいきません。

携帯空気入れ

付属の固定バンドと、タイラップでフォークに固定するだけなので、工具が要りません。

3年以上つけっぱなしなのに、あまり汚れは目立ちません。

携帯空気入れ

アタッチメントを自転車に取り付けてしまえば、必要ない時はポンプのみ簡単に外しておける。

携帯空気入れ

固定バンドで留めておくだけだが、一度も外れた事はないしガタつくこともない。

リュックにはスペアチューブとタイヤレバー(パンク修理セット)入れておく

道中パンクしてしまったら、パンク箇所を探して補修するのではなく、チューブごと取り替えて空気を入れるだけの方が早いです。

携帯空気入れをリュックの中に入れて持ち歩いてはいるが、チューブは持ち歩いていない方は、安心のために検討してみてはいかがでしょうか。

タイヤにサイズが書いてありますので当てはめてみてください。

サイズはタイヤを良く見ると書いてある。 これは700×32Cだ。

この場合は、700C 700×32Cというタイヤなので、28C-32C というチューブを選択しよう。

ただ、あくまでも携帯用なので、適正圧まで入れるのにかなり疲れはしますが、ホースがゴムで伸びるので使いやすいのと、デザインと色が自転車に溶け込んでいて空気入れが付いている様には見えず、自転車に付けている事も忘れてしまいます。

もしもの時の保険でとりあえず取り付けておくのも良いですよ!

今回紹介した商品

PWT 携帯空気入れ マイクロフロアポンプ ゲージ付き 仏式・米式・英式 MFP01

一般的なクロスバイクの仏式バルブ・最近のTREKでも採用されている米式バルブのどちらでも使用可能です。

GIYOからも同じような携帯空気入れが発売されていますが、ロゴが違うだけです。

普段入れる用のフロアポンプは、楽に入れられるGIYOがおすすめです。

GIYO(ジーヨ) GF-55P [エアゲージ付フロアポンプ]  シルバー 【クレーバーバルブ採用 米/仏/英式バルブ対応】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




▽みんなに教えてあとで読む

▽フォローしてみよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク