【自転車テールライト】自動点灯おすすめはこれ1択!3つの理由とは。

自転車テールライト自動おすすめ持ち物&装備
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

自転車購入時に必ず付いている赤い反射板は、後方車に自分の存在を知らせる為にも付けておく義務があります。

しかし、クルマのライトが反射板に当たっても、自転車に近づかないと気が付き難い代物ですので、お子さんが夜に一人で帰ってくる時は心配ですよね。

チカチカ点滅するライトをよく見かけますが、おすすめのオートライトを3つの理由と共に紹介します。

もみじぃ
老眼ライダー

どうせならオシャレで面倒臭くないテールライトの方が良いな。

スポンサーリンク

テールライトを自動点滅にして自分の存在をクルマにアピールする

遠くにいる段階からクルマが気付いていれば事故のリスクは激減しますので、夜にお子さんが自転車に乗るのであれば、すぐにでも点滅タイプにするべきです。

もみじぃ
老眼ライダー

どれが良いのか早く教えるんじゃ!

では、早速おすすめポイントを説明していきます。

その前に…

スポンサーリンク

liveアイリブ オートテールライト (自動点滅タイプ)

今回紹介するI liveオートテールライトは、自転車と気楽に付き合うためのアイテムを手掛けるIlive(アイリブ)というブランド商品です。

自転車用のライトをはじめ、ワイヤーロック・ハンドルカバーなど、実用的かつオシャレな商品を販売しています。

パッケージにも描いてある様に蛙がモチーフなのは、安全なライトをつけて、”無事帰る(蛙)“の意味も含めているそうですよ!

もみじぃ
老眼ライダー

ワシのヘルメットの紅葉マークもオシャレじゃろ!

スポンサーリンク

ilive オススメ3つのポイント

他のメーカーのテールライトと比べると、以下の3点がズバ抜けています。

おすすめポイント!

1.スイッチは入れたままでOK!
2.単三乾電池2本で200時間OK!
3.オシャレでかわいい!

順番に説明していきますね。

1.オートライトだからスイッチ入れたままでOK!

普通のライトは夜切り忘れると朝には電池切れになってしまいますが、こいつはスイッチ入れっぱなしでOKです!

昼間の明るい時間帯に光る事はないので、電源入れっぱなしでも電池の消耗はありません

夕方の走行中でも薄暗くなると勝手に点滅しだし、信号で停まって自転車をしばらく動かさなければ点滅は一旦停止し、動き出せば再点滅します。

おすすめポイント

暗い+振動のみ点滅

2.単三乾電池2本で200時間OK!

単三電池2本で200時間も点滅します!

毎日1時間使っても、半年以上は電池交換不要です。

他社製品は多くても100時間ですので、iliveが一番長持ちします!

おすすめポイント

200時間電池交換不要!

3.何といってもオシャレでかわいい!

パッケージからしてオシャレなので、開封するのにワクワクします。

もみじぃ
老眼ライダー

ワシはパッケージも大切に保管しておる!

おすすめポイント

オシャレでかわいい!

スポンサーリンク

自動点灯テールライトの取り付け方が簡単

もみじぃ
老眼ライダー

取り付けも+ドライバー1本でOKじゃぞ!

サイズ調整のゴムも付いていますので安心です。

サドル付近に付ければ盗まれない
もみじぃ
老眼ライダー

ワシのクロスバイクにつけてみたが、かっこエエじゃろ!

唯一の欠点は、防水仕様ではない事。
雨に濡れてしまったらすぐに外して良く乾かせば復活しますが、シートの下に付けていれば濡れませんし、盗まれません。保管時も雨に濡れなければ問題ありません。

もみじぃ
老眼ライダー

防水の製品は今の所ないのだ!

盗難防止&雨に濡れにくくなる為には、サドル付近に取り付ける事がポイントです。

老眼ライダー
老眼ライダー

ワンタッチで取り外せてしまうので、盗まれない様にサドル付近に取り付けて外せない様にするのじゃ!

我が家は2014年から5台分全てにこれ付けてますが、不良や故障も無く、電池交換も3年に1回だけです。

ILive取り扱い店舗

  • Y`s Road 各店舗
  • 東急ハンズ (一部店舗を除く)
  • ビックカメラ (一部店舗を除く)
  • LORO CYCLE WORKS(一部店舗を除く)

I live(アイリブ) 自動点滅タイプ [オートテールライト] 照度&振動ダブルセンサー装備
I live(アイリブ) 自動点滅タイプ 照度&振動ダブルセンサー装備がテールライトストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

もみじぃ
 

念のため他メーカーのも貼っておくから、暇なら比べてみるといい!

自転車のサドル 交換が簡単だった

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました