千歳船橋駅前 コッペパン専門店 【瀬戸内製パン】わらじカツセットとあんバターを食べたのだが調べてから行けば良かった。

みんなに教えてあとで読む▽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク
スポンサーリンク







東京都世田谷区のコッペパン専門店に突入!

小田急小田原線千歳船橋駅を右手に出てすぐ目の前にある、瀬戸内製パン。

駒沢第二球技場の帰りに初めて自転車で通りがかりました。

お洒落な外観に見入ってしまい、一度は通り過ぎてみたものの、隣の松屋さんの前に並んでいた自転車の隣へ。

そして、いつの間にかイン!

何でも、『ベーカリーレストラン・サンマルク』『サンマルクカフェ』『生麺工房鎌倉パスタ』『倉式珈琲店』など数々の人気店を生み出しているサンマルクグループの新事業のテスト的な店舗なそうな。

実績のあるサンマルクのパンだから、ある意味安心かな。

サンマルクの本社は瀬戸内海に面した岡山県にあるので、瀬戸内製パンなのでしょうか。

 

セットメニュー

各種コッペパンに、選べるサイドメニューとドリンクがセットになったメニューがあります。

15席前後のイートンスペースもありますので、出来立てが味わえます。

注文後に作り始め、出来上がったら番号を呼ばれます。

70番の方〜!と呼ばれたので取りに行きましたが違いました。レシートに番号が書いてあるのでしょうか。レジでは先客はいませんでしたので、出来上がりには少し時間が掛かる様です。

 

名物わらじカツセット

620円(税抜き)

単品の場合は750円になるので、このセットの場合は130円おトクなはずですが・・

¥350わらじカツ

注文時に塗って良いか聞かれるカラシソースはパンに塗ってありますが、わらじカツには味は何も付いてませんでした。メニュー写真にはソースが掛かってそうですが、単なる付け忘れでしょうか。

¥250 サラダ

¥150 木次ミルクコーヒー

200ml

123kcal(1パック200ml)

この木次ミルクコーヒー、500mlかと思いきや200mlでした。

200mlの市場価格は90円なのは覚えておいても良いかと思います。ちなみに500mlは150円。

ドリンクやサイドメニューによっては、あまりおトクは感じられないです。

あんバター単品

かつては、あんマーガリンだったのか、印刷間違えか、マーガリンが消されてバターになっています。

下半分が粒あんで、上にバターが塗ってあります。

昔ながらのコッペパン。ではなく、今風のふわふわパン生地です。半分は8時間後に食べましたが、それでも物凄く柔らかい生地でした。バター感はほとんど無く、あんこの味がしっかり伝わってきます。

あんバターの詳細

価格

180円(税抜き)

サイズ

直径約16cm

カロリー

おおよそ500kcal前後(一般的なあんバターの平均カロリーですので推定値です)

原材料

未掲載ですが、聞けば教えてくれる筈です。

アレルギー物質

上記

消費期限

保存方法

製造者

瀬戸内製パン
東京都世田谷区船橋1-1-5アジア堂ビル1F

営業時間

7:00-22:00

定休日

無休

オープン日

2017年12月18日

ホームページ

なし

 

残念なまとめ

揚げパンシュガー、揚げパンきなこ、たまごサラダ等、レジカウンターでは決められない程種類が豊富ですが、セットのおトク感は伝わってきませんでした。

パン生地がとても柔らかいので、小さなお子さんから、おじいちゃん、おばあちゃんも安心して頂けますので、お土産には良いのかな。

最大級に残念だったのは、お店に入る時も出る時も店員さんの挨拶が無かった事ですね。

もう通りがかる事は無いと思いますが、ご馳走様でした。2019年4月27日

吉祥寺に行った時のお土産に懐かしのコッペパンはいかがでしょうか。たくさん買って、みんなでシェアしながらにぎやかに食べたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク