【iPhoneバッテリー最大容量】を調べてみる。7・8・X・11 バッテリー交換費用は…

スポンサーリンク
SDGsへの取り組み
SDGs

自転車でサッカーの応援に行こう!では、SDGsを支援しています。 購入したお土産を廃棄する事なく美味しく頂き、自転車で移動する事によってCO2を削減する活動をしております。

自転車でiPhone

最近バッテリーが1日持たないんだよな…
それほど使っていないんだが…

では、バッテリーの最大容量を調べてみましょう!

そんな事調べられるんですか⁈

バッテリーを交換した方がいいかの判断にもなりますので、1年に1回位は確認しておいた方がいいですよ!

このページで分かる事

iPhoneバッテリーの最大容量を調べる方法と交換費用

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー最大容量を調べる

iPhoneを2年ほど使っていると、バッテリーの減りが早くなっている事が気になってきます。

日々の充電の仕方や、使い方にもよりますが、最大容量は80%前後になっている事でしょう。

もちろん、90%台の方もいれば、70%まで下がっている方もいます。

それでは確認してみましょう。

設定をタップ

ホーム画面の設定アイコンをタップします。

設定をタップ

バッテリーをタップ

バッテリーを選択します。

バッテリーを選択

バッテリーの状態の最大容量を確認

こちらはバッテリー交換してから2年後のiPhone6sの最大容量です。

最大容量89%
2年使用したiPhone6s

以下の画像は、iPhone8を購入してから丁度1年後のバッテリー最大容量です。

最大容量99%
1年使用したiPhone8

最大容量が90%以上あるのにバッテリーの減りが早い場合は、別の原因が考えられます。

  • アプリがバックグラウンドで動作している(ゲームなど)
  •  GPS(位置情報)がONになっている
  •  Wi-FiやBluetooth機器などを接続中

これらが原因ではなく、バッテリーの最大容量が80%以下で使い勝手に影響があるのでしたら、バッテリー交換を考えましょう。

新機種を考える前に

長いこと使っており、最大容量が減っている事が原因でバッテリーの減りが早いのであれば、そろそろ新機種にしようかとも思ってしまいます。

しかし、買い替えの1/10の費用でバッテリー交換が出来る事も視野に入れて検討しましょう。

iPhoneバッテリー交換費用

Apple 製品限定保証または AppleCare+ の保証対象中に最大容量が80%未満になってしまっていたら、0円で交換可能です。

全ての機種が対象なので、交換するなら保証期間中に申し込みましょう。

機種交換料金
iPhone X、iPhone XS、
iPhone XS Max、iPhone XR、
iPhone 11 Pro Max、
iPhone 11 Pro、iPhone 11
7,400円
iPhone SE、
iPhone 6、iPhone 6 Plus、
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、
iPhone 7、iPhone 7 Plus、
iPhone 8、iPhone 8 Plus、
および、その他すべての対象モデル
5,400円

バッテリー交換は、わざわざAppleストアに行かなくても、お近くの正規プロバイダで済ませてしまいましょう。

コメント

スポンサーリンク

NURO光で最速通信を体験しよう!

このサクサク感を一度味わったら離れられなくなる最速インターネットはNURO光。
月額料金が安く高額キャッシュバックも魅力的ですね

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NURO光
タイトルとURLをコピーしました