U18 プリンス北海道 高円宮杯 JFA U‐18 サッカープリンスリーグ 2018北海道 要項と結果

みんなに教えてあとで読む▽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

高円宮杯 JFA U‐18 サッカープリンスリーグ 2018北海道

大会要項

1 主旨

日本サッカーの将来を担うユース(18歳以下)の少年達のサッカー技術の向上と、健全な心身の育成を図ることを目的とし、第2種加盟のチームが参加できる大会として本大会を実施する。

2 名称

高円宮杯 JFA U‐18 サッカープリンスリーグ 2018北海道

3 主催

公益財団法人 北海道サッカー協会

4 主管

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ2018北海道実行委員会
公益財団法人 北海道サッカー協会 第2種委員会
一般社団法人 札幌地区サッカー協会
室蘭地区サッカー協会
一般社団法人 十勝地区サッカー協会
苫小牧地区サッカー協会
旭川地区サッカー協会

5 後援

スポーツ庁・公益財団法人 日本サッカー協会
朝日新聞社
北海道
北海道教育委員会
公益財団法人 北海道体育協会
北海道高等学校体育連盟

6 協賛

JFA Youth & Development Official Partner 株式会社ナイキジャパン
JFA Youth & Development Official Supporter トヨタ自動車株式会社、ニチバン株式会社、株式会社 明治
JFA Youth & Development Official Provider 株式会社モルテン

7 期日

(1)4月22日(日)・(2)4月28日(土)・(3)5月3日(木祝)・(4)5月6日(日)・(5)5月12日(土)・(6)6月24日(日)・(7)6月30日(土)・(8)7月8日(日)・(9)8月19日(日)・(10)9月2日(日)・(11)9月9日(日)・(12)9月16日(日)・(13)9月23日(日)・(14)10月6日(土)
※予備日:8月12日(日)・9月30(日)

8 会場

札幌 旭川 十勝 室蘭 苫小牧

9 参加資格

(1) (公財)日本サッカー協会に第2種登録した加盟チームもしくは準加盟チームであること。
(2) (1)項のチームに個人登録された選手であること。
(3) (公財)日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同一クラブ内の別チームに所属する選手を移籍手続きを行うことなく本大会に参加させることができる。
この場合、同一クラブ内のチームであれば、複数のチームから選手を参加させることも可能とする。
なお、本項の適用対象となる選手の年齢は第3種年代とし、第2種およびそれ以上の年代の選手は適用対象外とする。また、上記(1)で登録したチームの、第2種登録した女子については参加することができる。
(4) 外国籍選手の出場
試合に登録できる外国籍選手は、1チーム3名とする。準加盟チームについては、この限りとしない。
(5) 高等学校チームにおいては、学校長及び当該サッカー協会長の出場承認を受けたチームとする。その他のチームにおいては、学校もしくは組織を代表する者及び当該サッカー協会長の承認を受けたチームとする。
(6) 連日の試合に耐えうる健康体であること。

10 参加チーム

(1) 北海道コンサドーレ札幌U-18
(2)旭川実業高等学校
(3)札幌大谷高等学校
(4) 北海道大谷室蘭高等学校
(5)東海大学付属札幌高等学校
(6)帯広北高等学校
(7) 札幌創成高等学校
(8)駒澤大学附属苫小牧高等学校

11 競技規則

(1) 平成30年度、(公財)日本サッカー協会制定の「競技規則」による。
(2) 予め登録された選手30名の中から各節ごとに最大20名の選手を登録できる。
(3) 選手交代は、競技開始前に登録した最大9名の交代要員の中から5名までとする。
(4) リーグ戦で3度の警告を受けた選手は、次節の出場停止処分を受ける。ただし、この規程はこのリーグのみの停止とする。

12 競技方法

(1) 8チームによるリーグ戦方式(2回戦総当たり)とする。
(2) 試合時間は、90分(ハーフタイムのインターバルは15分)とする。
(3) 順位の決定は、次の順序により決定する。
(1)勝ち点[勝ち3点、引き分け1点、負け0点]  (2)得失点差  (3)総得点数
(4)当該チーム間の対戦成績  (5)同得失点差  (6)同総得点数  (7)抽選

13 懲罰

(1) 本大会は、(公財)日本サッカー協会「懲罰規程」に則り、大会規律委員会を設ける。
(2) 本大会規律委員会の委員長は、本大会実行委員会の委員長とし、委員については委員長が決定する。
(3) 本大会において退場を命じられた選手は、自動的に直近の本大会1試合に出場できず、それ以降の処置については、大会規律委員会において決定する。
※本リーグにおける出場停止処分の消化については、ブロックリーグでの出場停止処分の消化は認めない。(出場停止処分の消化については原則、本リーグで消化するが、最終節での退場処分の消化は直近の他の公式試合での消化となる。)

14 参加申し込み

(1) 参加申込書に登録できる人数は、引率教員もしくはチーム責任者1名、監督1名、スタッフ5名以内、選手30名以内、マネージャー2名以内とする。
(2) 参加チームは、所属地区協会を経由して参加申込書、プライバシーポリシー同意書はメールで送信し、各地区協会は期日までにHKFA大会エントリーアドレスまでメールで送信すること。
参加料100,000円(税込み)は、下記の口座に振り込むこと。
ー省略ー
(3) 申し込み期日 2018年4月2日(月) 厳守
登録選手の変更は4月13日(金)までに所定の用紙で地区協会を経由して行う。
1年生の選手登録に関しては、申し込み締め切り時に選手30人に達していないチームのみ登録手続きを済ませ、4月16日(月)までに追加登録用紙を所属地区協会を経由し、上記にメールで送付すること。
エントリー時30名未満のチームが1年生を追加登録する場合は4月17日(月)までに所定の用紙で地区協会を経由してメールで行う。

15 登録変更及び移籍

出場チームの選手は、次の期間にのみ登録変更することができる。
(1)第6節開始日前の2018年5月14日(月)から、6月19日(金)17:00まで
(2)第10節開始日前の2018年8月20日(月)から、8月28日(火)17:00まで
申し込みの変更は認めない。上記の日程の中でプロテクトされていない14名の中で行う。
その際、次の手続きが完了した時点で出場できる。
1チームの指導者は、(公財)日本サッカー協会WEB登録、移籍手続きをし、所属地区協会に登録料を支払う。
2各地区協会は、(公財)日本サッカー協会WEB登録、移籍手続きをし、(公財)北海道サッカー協会に登録料を支払う。
3(公財)北海道サッカー協会は、(公財)日本サッカー協会に登録・移籍申請手続きをする。

16 選手移動

本リーグにエントリーされた選手は、下記3つのウインドウ期間中に12名プロテクトされる(FP11名、GK1名)。
(1)第1~5節は、チームが自由に選出(GK1名、FP11名)。
(2)第6~9節は、第1~5節の出場時間上位11名のFPがプロテクトされる。GKは、チームが1名自由に選出する。

(3)第10~14節は、第1~9節の出場時間上位11名のFPがプロテクトされる。GKは、チームが1名自由に選出する。

※プロテクトされた選手がブロックリーグに出場した場合は、いかなる理由であろうと懲罰の対象となる(本人及びチーム責任者)。

17 ユニフォーム

(1) ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ストッキング)については、正の他に副として、正と色彩が異なり判別しやすいユニフォームを参加申し込みの際に記載する。
(2) ユニフォームの色は、参加申し込み以後の変更は認めない。
(3) ユニフォームへの広告表示については、(公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規程」に基づき承認された場合のみこれを認める。ただし、(公財)全国高等学校体育連盟加盟チームは、連盟規程により、チーム役員も含めユニフォームなどの衣類に広告表示することは認めない。
(4) 番号は選手固有番号とする。
(5)その他の事項は(公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規程]に従うものとする。
※ユニフォームの決定は、実行委員によって予め全試合決定し、開会式において各チームに提示されたものを必ず着用する。

18 表彰

団体賞として、優勝(賞状、カップ)、2位・3位 賞状を表彰し、個人賞として、得点王(楯)、アシスト王(楯)を表彰する。

19 その他

(1) 各チームの登録選手は、原則として(公財)日本サッカー協会発行の選手証を持参しなければならない。
ただし、写真貼付により、顔の認識ができるものであること。
※選手証とは、本協会WEB登録システム「KICKOFF」から出力した選手証・登録選手一覧を印刷したもの、
またスマートフォンやPC等の画面に表示したものを示す
(2) 各試合競技開始時間の70分前に大会本部においてマッチコーディネーションミーティングを開催し、メンバー登録用紙の回収、諸注意事項の説明を行う。
メンバー登録用紙の回収、諸注意事項の説明を行う。
(3)本リーグの優勝チームは、高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ2018プレーオフに出場できる。
下位のチームは、ブロックリーグに降格する。(降格するチーム数は、高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ2018EASTや参入戦の結果によって異なる)
(4) 参加チームのうち高等学校チームには、全国高校サッカー選手権大会北海道大会への出場権を与える。
(5) 参加チームは、スポーツ傷害保険等の加入手続きを済ませること。
(6) 荒天・震災・雷等、不測の事態が発生した場合は、本大会実行委員会、主管地区協会理事長、競技委員長、審判委員長等で協議の上、対処する。中断・中止・延期することがあることを留意すること。
(7) 本大会要項に規定されていない事項については、本大会実行委員会において協議の上、決定する。

20附則

本リーグの運営を円滑にするために実行委員会を置き、業務を遂行する。なお、この実行委員会規定は別に定める。

出典:公益財団法人北海道サッカー協会

プリンスリーグ北海道2018結果

プレミア参入枠1

旭川実業高校は、プレミアリーグ参入戦で敗退したため
2019年度プリンスリーグ北海道残留となった。

そのため、8位の北海道大谷室蘭高校は道リーグへ降格となった。

プリンス北海道参入戦要項

1 主 旨

(公財)北海道サッカー協会は、日本サッカーの将来を担うユース(18歳以下)の少年達のサッカー技術の向 上と、健全な心身の育成を図ることを目的とし、第2種加盟のチームが参加できる大会として本大会を実 施する。

2 名 称

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北海道 プレーオフ

3 主 催

公益財団法人 北海道サッカー協会

4 主 管

高円宮杯JFAU-18サッカープリンスリーグ2018北海道 プレーオフ実行委員会 (一社)札幌地区サッカー協会 (一社)札幌地区サッカー協会第2種委員会

5 後 援

北海道 北海道教育委員会 公益財団法人 北海道体育協会 北海道高等学校体育連盟 6 期日・会場 第1日 10月 8日(月) 札幌地区 (未定)2面 第2日 10月27日(土)   〃  (〃 )1面 第3日 10月28日(日)   〃  (〃 )1面

7 参 加 資 格

① (公財)日本サッカー協会に第2種登録した加盟チームもしくは準加盟チームであること。 ② ①項のチームに個人登録された選手であること。
③ (公財)日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同 一クラブ内の別チームに所属する選手を移籍手続きを行うことなく本大会に参加させることができる。 この場合、同一クラブ内のチームであれば、複数のチームから選手を参加させることも可能とする。 なお、本項の適用対象となる選手の年齢は第3種年代とし、第2種およびそれ以上の年代の選手は適 用対象外とする。また、上記①で登録したチームの、第2種登録した女子については参加することが できる。
④ 高等学校チームにおいては、学校長及び当該サッカー協会長の出場承認を受けたチームとする。その 他のチームにおいては、学校もしくは組織を代表する者及び当該サッカー協会長の承認を受けたチー ムとする。
⑤ 連日の試合に耐えうる健康体であること。

8 参加チーム

各ブロックリーグの上位チーム(道北1、道東1、札幌4、道央1、道南1 計8チーム) と そ の 数
※札幌は前年度参入資格を勝ち得たブロックにつき2枠増とする。

9 競 技 規 則

① 平成30年度、(公財)日本サッカー協会制定の「競技規則」による。
② 登録選手の中から各節ごとに最大20名の選手を登録できる。
③ 選手交代は、競技開始前に登録した最大9名の交代要員の中から5名までとする。
④ 本大会において、2度の警告を受けた選手は、直近の本大会1試合に出場できない。

10 競 技 方 法

① 8チームによるトーナメント方式とする。
② 試合時間は、90分(ハーフタイムのインターバルは15分)とする。
③ 勝敗が決しない場合、20分間の延長戦を行う。なお、決しない場合はペナルティマークからのキック によって次回に進出するチーム及び参入チームを決定する。

11 懲 罰

① 本大会は、(公財)日本サッカー協会「懲罰規程」に則り、大会規律委員会を設ける。
② 本大会規律委員会の委員長は、本大会実行委員会の委員長とし、委員については委員長が決定する。
③ 本大会において退場を命じられた選手は、自動的に直近の本大会1試合に出場できず、それ以降の処 置については、大会規律委員会において決定する。
④ 本大会と高円宮杯JFAU-18サッカーリーグ2018北海道の各ブロックリーグは、懲罰規程上の同一競技会 とみなし、各ブロックリーグ終了時点での退場・退席による未消化の出場停止処分は、本大会におい て順次消化する。

12 参 加 申 込

① 参加申込書に登録できる人数は、引率教員もしくはチーム責任者1名、監督1名、スタッフ5名(マ ネージャーを含む)、選手40名以内とする。

② 参加チームは、参加申込書、親権者同意書を作成し、参加料26,000円(税込み)を添えて監督会議の際 に持参すること。また、参加申込書、プライバシーポリシー同意書を所属地区協会を経由して下記宛 てにメールで送付すること。
〒062-0912 札幌市豊平区水車町5丁目5-41 北海道フットボールセンター内          高円宮杯JFAU-18サッカーリーグ2018プリンスリーグ北海道プレーオフ 事務局 宛    TEL 011-825-1100
③ 申し込み期日 2018年9月28日(金)

13 組み合わせ

チーム立ち会いの下、本大会実行委員会が行う。

14 選 手 変 更

① 選手変更は、大会初日の3日前及び2日目の3日前の17:00までに変更届を実行委員会へ提出すれば出場するこ とができる。
② 移籍及び追加登録する選手は、次の手続きが完了した時点で出場できる。
(1)チームの指導者は、(公財)日本サッカー協会WEB登録、移籍手続きをし、所属地区協会に登録料を支払う。
(2)各地区協会は、(公財)日本サッカー協会WEB登録、移籍手続きをし、(公財)北海道サッカー協会に登録料を支払う。
(3)(公財)北海道サッカー協会は、(公財)日本サッカー協会に登録・移籍申請手続きをする。

15 ユニフォーム

① ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ソックス)については、正の他に副として、正と色彩が異な り判別しやすいユニフォームを参加申し込みの際に記載し、各試合に必ず携行すること。
② ユニフォームの色は、参加申し込み以後の変更は認めない。
③ ユニフォームへの広告表示については、(公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規程」に基づき承認 された場合のみこれを認める。ただし、(公財)全国高等学校体育連盟加盟チームは、連盟規程によ り、チーム役員も含めユニフォームなどの衣類に広告表示することは認めない。 ④ その他の事項については、(公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規程」に従うものとする。

16 監督会議

① 日時:2018年9月30日(日)14:00~
② 会場:北海道フットボールセンター2F 研修室 17

そ の 他

① 本大会の上位チームは、次年度の高円宮杯JFAU-18サッカーリーグ2018プリンスリーグ北海道へ昇格 する。ただし、昇格するチーム数はプレミアリーグEASTとプレミアリーグ参入戦の結果によって決定する。
② 選手は原則として、(公財)日本サッカー協会の発行する選手証(写真貼付)を持参すること。ただし、電子登録証(写真が登録されたもの)が確認できる場合は出場を認めるものとする。選手証または電子登録証を持参しなかった場合、選手証の写しやオンラインでの確認(顔写真が確認できることが条件)し、試合は行い、成立させる。
③ 各試合競技開始時間の70分前に大会本部においてマッチコーディネーションミーティングを開催し、 メンバー登録用紙の回収、ユニフォームの決定、諸注意事項の説明を行う。
④ 参加チームは、スポーツ傷害保険等の加入手続きを済ませること。
⑤ 荒天・震災・雷等、不測の事態が発生した場合は、本大会実行委員会、主管地区協会理事長、競技 委員長、審判委員長等で協議の上、対処する。中断・中止・延期することがあることを留意すること。
⑥ 本大会要項に規定されていない事項については、本大会実行委員会において協議の上、決定する。 各チームの登録選手は、原則として(公財)日本サッカー協会発行の選手証を持参しなければならない。 ただし、写真貼付により、顔の認識ができるものであること。
※選手証とは、 本協会WEB登録システム「KICKOFF」から出力した選手証・登録選手一覧を印刷したもの、 またスマートフォンやPC等の画面に表示したものを示す。

出典:公益財団法人北海道サッカー協会

参入戦結果

優勝   コンサドーレ札幌2nd
準優勝  札幌第一(プリンスリーグ昇格)
第3位 旭川実業2nd(プリンスリーグ昇格)※プレミアリーグ参入戦の結果により変わります。
第4位 白樺学園

札幌第一高等学校が2019年度プリンスリーグ北海道への参入が決定。

2017年度プリンスリーグ北海道結果
https://runthin.net/2017-prince-hokkaido