2018年度 第97回全国高等学校サッカー選手権大会 東京都大会 最終結果と大会要項

みんなに教えてあとで読む▽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年度 第97回 全国高等学校サッカー選手権大会 東京都大会

出典:東京都高等学校体育連盟サッカー専門部

2次予選 最終結果

Aブロック優勝

A代表 国士舘高等学校

Bブロック優勝

B代表 駒澤大学高等学校

2018選手権東京都

最後のロッカールーム

1次予選 最終結果

大会要項・規約(抜粋)

大会名称

2018年(平成30年度) 第97回全国高校サッカー選手権大会「東京大会」

主催

公益財団法人 東京都サッカー協会
東京都高等学校体育連盟
日本テレビ放送網株式会社

主管

東京都高等学校体育連盟サッカー専門部

大会規定(抜粋)

1.参加資格

(1)平成30年度(公財)日本サッカー協会に登録を完了していること。
(2)年齢は平成11年4月2日以降に生まれた者とする。(但し、出場は同一競技3回までとし、同一学年での出場は1回限りとする。

2.競技規定

(1)平成30年度(公財)日本サッカー協会規定の競技規則による。
(2)最大9名までの交代要員の内、5名までが交代できる。
(3)大会において退場を命じられた選手(警告2回による退場を含む)は、その大会に勝ち進んでいる限りその大会の次試合1試合には出場できない。
(4)その大会に敗退したら直近の公式試合1試合(高体連の試合とは限らない)には出場できない。
(5)それ以降の処置については東京都高体連規律フェアプレー委員会にて決定する。
(6)大会において警告を累積2回受けた競技者は同一大会の次の1試合の出場資格を失う。
(7)大会において警告を累積4回受けた競技者は同一大会の次回の2試合の出場資格を失う。
*参加チームはハンドブック参照

3.試合時間

(1)1次予選トーナメントは、40分ハーフとする。
(2)1次予選トーナメント1回~3回戦は「延長なし」「PK方式」にて勝敗を決定する。
(3)1次予選トーナメント4回戦以降は、「10分ハーフ延長」「PK方式」にて勝敗を決定する。
(4)2次予選トーナメントは、40分ハーフとする。
(5)2次予選トーナメントは「10分ハーフ延長」「PK方式」にて勝敗を決定する。

4.ユニフォーム

(1)シャツの前面・背面にメンバー表の登録された番号を付けること。(番号は1~23までの通し番号)
*詳細はユニフォーム規定に準ずる。

5.シード校

(1)以下21校は、2次予選トーナメントから参戦する。
<総体予選シード>
「関東第一」「國學院久我山」「東京朝鮮」「多摩大目黒」「成立学園」「駿台学園」「帝京」「都立駒場」「修徳」「大成」「駒澤大高」「都立東大和南」「早稲田実業」「都立城東」「実践学園」「都立立川」「堀越」「都立東久留米総合」<国体強化校>
「駒込」「暁星」「中大杉並」
*このガイドブックに未掲載でも、(公財)日本サッカー協会への選手登録をしている者は出場できる。
*参加チームは必ず、「平成30年度ハンドブック」を読み順守すること。(ハンドブック記載が優先される)
参照:2018年(平成30年度) 第97回全国高校サッカー選手権大会「東京大会」公式ガイドブック
https://runthin.net/sensyuken-tokyo